季節は年末年始、なにかと飲み会が増えますよね。お酒が好きな方は楽しい時期ですが、お酒が飲めない方にとってはつらい時期です。
 
今回は下戸の筆者がお酒が飲めない方に向けて、お酒のすすめを上手にかわす方法を考えていきます
 

1.飲み会に行かない

 
お酒を断る方法として最も手っ取り早いのは、飲み会を断ってしまう方法です。
しかし無下(むげ)に断っては、後の人間関係に響きかねません。断り方が大切ですよね。
 
大切なことは、他意なく、ただお酒が飲めないから断っている、と納得してもらうことです。
「飲み会に行きたくない」ではなく、「少しでも飲むと体調不良になる」「体質的にお酒を受け付けない」などお酒が飲めないことを主体としてお断りをしましょう。
 
ちなみに筆者は家族皆お酒が飲めない体質なので、それを話すと“お酒が飲めない人”と認識され、差し障りなく飲み会をお断りできたりしています。ちょっとかわいそうとも思われますが、断る理由に困った場合は使ってみてください。
 
参加はできないけれど、誘われたこと自体は嫌でなかった場合、「代わりに今度ランチでも」とあなたから誘ってみてはいかがでしょう。お互いに嫌な気持ちにならず、人間関係を保つことができますよね。
 

関連キーワード
人間関係】の最新記事
  • お酒がのめない! 飲み会どうする? お酒の勧めを上手にかわす方法
  • アラフォーでもパパ活できる? パパ活中のアラフォー女性の本音とは
  • あの人さえいなければ…!職場の『邪魔者』は消えてくれる?
  • やっかいな「マウント女子」をさらりと交わす! 対処法4つ!
  • 嫌われるかも! 自己肯定感が低い人はめんどくさい!
  • 職場の人とうまくいかない……どうすれば悩みが解消する?
  • マウンティング? 実際に言われて腹が立ったクソバイスまとめ
  • 信頼できる友達がいない……その原因は?