そんなつもりはなく送ったLINEでも、男性を勘違いさせてしまうケースはあります。
 
特に、若い世代の女性とアラフォー世代の男性では、考え方なども大きく異なるでしょうから、誤解は生じやすいかも。
 
そこで今回は、「アラフォー男性」に勘違いされやすいLINEについて紹介します。
 

「ハートマーク」が多い

 

「ハートマークは本当に勘違いされるケースが多いので、安易には送らないようにしています。特に、上の世代の男性には送れないですね……」(20代・女性・美容師)
 
女性から送られてくるハートマークに、思わずドキッとしてしまう男性は少なくありません。
若い世代同士では普通のことでも、アラフォー世代には勘違いされる可能性も大。
 
ただの装飾のひとつとしてハートを多用する女性も多いかもしれませんが、相手によって使い分ける必要はあるでしょう。

「用がない」のによく連絡をする

 

「気の合う飲み仲間だと思って、ちょこちょこLINEを送っていたら、向こうがスイッチが入ってしまったことがある。思わせぶりな行動になってしまっていたのかもしれません」(30代・女性・インストラクター)
 
そもそも男性は、LINEをコミュニケーションツールというより連絡ツールとして捉えている人が多いです。
 
だからこそ、これといった用件がないのに、ちょこちょことLINEが送られてくると、「俺に気があるのか?」と思ってしまいやすいもの。
特に気があるわけではないのに、頻繁にLINEをするのは誤解を生む危険性を秘めているので、やりすぎには注意が必要ですよ。
 

「自撮り写真」を送る

 

「あまり深い意味はなく自撮り写真を送っていたら、気があるのだと勘違いされてしまったことがあります。今考えると、確かにあまりよくない行動だった気もしますね…」(20代・女性・IT)
 
女性から自撮り写真が送られてきたら、やはり男性はドキドキするはず。
距離感が近くなったようにも感じられる行為なので、あなたのことを意識するようにもなるかもしれません。
 
写真を送ることにあまり抵抗がなかったり、会話のネタとして送ったりしているだけだとしても、自撮り写真は安易に男性には送らないほうがいいですよ。
 

「誘ってください」と言う

 

「軽い気持ちで『誘って』と言うのは、やはり危険度も高いですね。それで好きってことだと男性に思われてしまうケースは少なくないです」(30代・女性・自営業)
 
「たまには誘ってくださいよ」とか「今度飲みに連れて行ってください」などと、社交辞令として言うことは多いでしょう。
 
でも、年下の女性からお誘いの催促をされたら、男性は慕われているような気分になり、素直にうれしいもの。
女性から「誘ってください」と言うのは、思っている以上に男心を揺さぶるものなので、それだけはちゃんと理解しておいてくださいね。

さいごに

 

思わせぶりなLINEを送ると、おかしな誤解を生むことになりかねません。
あなたとしては深い意味はなくても、相手の男性はそうは思わない場合もあるので、そこはちゃんと意識しておきましょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■自称マメ男性からのLINE「即レス地獄」から逃げるためには?
■男性が既読無視したくなるLINEの内容とは?
■これが大事、長続きするカップルのLINEルール5つ

人間関係】の最新記事
  • 初対面の人にさりげなく年代を聞き出す方法
  • 気の合う友達が欲しい!大人になってから出来る「友達の作りかた」6つ
  • 「全然聞きたくない!」自分の話をしたがる人たちの共通項と、彼らを遠ざける対処法
  • 仲が良いほど気を付けようキツイ発言!NO MORE毒舌女
  • ご近所トラブルに巻き込まれたときに気をつけたいこと4選
  • マウンティングより厄介!知らぬ間に評判を落とされる悪意のある心理効果
  • 「泥沼の口論を避けよう!」感情的になった時に言葉からトゲを抜く方法
  • 女の友情がもろくも崩れ去る瞬間とは?