会話上手は恋愛上手なんて言いますが、会話の良し悪しは人間関係にも関係します。
 
なんだか人間関係がうまくいかない……とお悩みのあなた、もしかしたら“会話ブス”かもしれませんよ。
 
とくに返しの反応は、会話の質を左右する重要なポイントです。
 
あなたに当てはまる特徴がないか、チェックしてみましょう。
 

こんな返しは嫌だ、会話を続けたくなくなる女の特徴

 

日ごろの会話の中で、思い当たるひとは要注意! 
あなたは会話ブスになっていませんか? もしくは、あなたの周りにこんなひといませんか?

その1:不幸話も負けたくない女

 

こちらが真剣に悩んでいることや本当にツラかった体験を話しても、絶対に「でも私なんて……」と全て自分の話にすりかえ、どんな話題でも自分が中心にいたい女は、会話ブス。
 
本気で「なんだか不幸な人生だね。かわいそう」と憐れんであげましょう。

その2:誰にでも同調する女

 

一見、聞き上手なようですが、誰にでも「そうだよねー」「たしかに~」と賛同しているため、同じ場で反対意見が出ても同じように「そうだよねー」とKY発言してしまうことも。
 
この手の女は「八方美人だよね」をほめ言葉と勘違いしている傾向があります。
 

その3:高速うなづき女

 

とにかく「うんうんうんうん」を連発。あまりにうなづいてくれるので、共感意見をくれるのかと思いきや、その後は「ふーん」と関心なさそうにしめるのがパターン。
 
うなづきで聞き上手な自分を演出しているのでしょうが、会話がキャッチボールにならないので、こちらが一生懸命話せば話すほど肩透かし感が残ります。
 

その4:全然聞いてない女

 

会話中に必ず「えっ、なになに?」と話を全然聞いてないのがバレバレな女。
 
相手の会話を糸口にどんどん一人妄想を広げていくタイプで、本人は想像力豊かと思っていますが、ただ集中力がないだけです。
 

その5:どんな会話も全否定女

 

とにかく相手の意見には反対するのがポリシーの女です。「でもさ~」が常套句。
 
とにかく否定形の会話ばかりなので、話していると非常に疲れます。
 
自分の意見がしっかりしているように見えて、実は意見などないのが特徴です。
 

その6:わかったふりする女

 

口ぐせは「わかるぅ」。でも実際は全くわかっていないことが多いのが特徴です。
 
ためしに「本当に?」とカマをかけてみましょう。「もちろんだよ、あれでしょ?」とまと外れな回答をしてくれるはずです。
 

その7:沈黙する女

 

沈黙になっても、絶対に自分から話を切り出さない女。
なんだか沈黙にしているのが、こちらのせいみたいに思えて、ものすごく気を使います。
 
勇気があれば、そのままお互いに押し黙って根比べをしてみましょう。
 
それで相手に会話を続けようという意思が見えなければ、単にあなたのことが嫌いなのかもしれません。

楽しい会話のポイントは共感

 

会話の醍醐味は、ズバリ共感できたかどうか。共感できない会話など、苦行以外の何ものでもありません。
 
とくに女性は、何気ない会話の中でストレス発散していることも多いので、日常会話の共感度はとても重要です。返しの反応の良いひとや親身になって話を聞いてくれるひとは、どんな場でもニーズは高いもの。
 
たとえ面白い話ができても、自分中心の会話ばかりでは、ネタ切れと同時に飽きられて終わりです。自分は会話ブスかも、と心当たりのある人は、まずは相手に興味を持つことから始めてみてください。
 
自然と会話が楽しくなるハズですよ。
 
(フランクひらがな/yummy!編集部)
 
■何気なくやっちゃってない?男性が「重いと感じる」女性の会話
■モテる女性の会話術「さしすせそ」を知っていますか?
■よく聞けば簡単にわかる、会話内容で知る「脈アリサイン」隠れた男心をキャッチしよう!

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

人間関係】の最新記事
  • 新米ママの写真共有アプリが招いた悲劇【前編】
  • 狂気……ママ友に相談事をしたら即拡散! 生き地獄を経験しました【後編】
  • 彼氏、旦那の奪い合い……女友達との泥沼エピソード!
  • 嫁姑問題よりも厄介!? 小姑の口出しで家庭生活が炎上【後編】
  • ソフレからセフレになってしまったら、男性と距離を置くべき?
  • 狂気……ママ友に相談事をしたら即拡散! 生き地獄を経験しました【前編】
  • 嫁姑問題よりも厄介!? 小姑の口出しで家庭生活が炎上【前編】
  • 不倫夫をかばう姑との壮絶バトル――わかっちゃいたけれど「結局一番かわいいのは息子」【後編】