じっくり付き合って理解を深めるのも素敵ですが、できれば初対面の人にも好感を持ってもらいたいですよね。好感はどこから出てくるのでしょう。見た目も大事ですが、好感を持たれるポイントは「声」だそうです。声をおろそかにして見た目だけを磨いていても効果は半減、ということかもしれませんね。ではそんな大事な「声」、磨くにはどうしたらいいのでしょうか。簡単に実践できるものを集めてみました。

 

腹式呼吸をまずは練習

 

まず、声を出すのに大事なのは腹式呼吸です。女性はとくに浅い胸呼吸に慣れているため、腹式呼吸ができているようでできていないことが多いようです。腹式呼吸は吸うときよりもまず「吐ききる」ことを念頭に置いて練習してみてください。吐ききってから、おなかが膨らむのを意識して吸うというのを繰り返して、腹式呼吸をまずは体に覚えさせてください。慣れていないうちは難しいかもしれません。頑張ってください。

 

どこが悪いのか分析

 

そして、それと並行してボイスレコーダーなどで自分の喋る声を録音して聞いてみましょう。聞き取りにくい、声が大きすぎるなど欠点を冷静に分析してみましょう。そこから対策を立てます。自分の声を聞くのは恥ずかしいものですが、何度か聞いているうちに慣れてきます。腹式呼吸を意識したものとしていないもの、聞き比べるのもいいでしょう。だんだん上手くなってくると励みにもなります。

 

一対一なら「呼吸を合わす」

 

そして、一対一で会話するときに有効なテクニックなのですが、相手の呼吸のスピードに合わせて呼吸すると、共感力が高まり、相手からの好感度がアップしますのでぜひ試してください。呼吸を合わせることでシンパシーが生まれます。大勢での会話には向きませんが、一対一ならかなり効果があります。

 

響き、音量、細さ、太さなどをチェック

 

さて、腹式呼吸に慣れてきたら、そこから自分の声の響き、音量、太さなどをチェックしてください。よく響くか、声は大きすぎないか、小さすぎないか、声が太くて荒っぽい感じではないか、反対に細すぎて聞き取りづらくないか、などです。

 

大事なのは内容

 

けれど、何よりも大事なのはしゃべっているその内容です。多少の欠点なら思い切って目をつぶって、チャンスを逃さず意中の人に話しかけてください。内容に共感してくれたら、あなたのこともきっと理解してくれるはずです。

なによりも大事なのはまず、自分の声がどんなふうに相手に届いているか知ることです。ボイスレコーダーなどでじゃんじゃん分析をしてくださいね!
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

人間関係】の最新記事
  • 仲良しのママ友の態度に異変……私がママ友仲間からハブられたまさかの理由
  • 職場の人間関係がめんどくさい! ストレスを感じる瞬間と解決法
  • 的外れなアドバイスにイライラ! クソバイスあるある6つ
  • パパ活は危険! トラブルに合わないための注意点5つ
  • こんな職場は嫌! 職場で受けた嫌がらせエピソード
  • 辞めてやる! うちの会社のブラックすぎる人間関係
  • 無意識にやってない!? 人をイライラさせる言動
  • 信じられない! 優しい友達の裏の顔