こんにちは!Ayuraです。
 
7月は山羊座の満月が月食となり、新月は再び蟹座で起こります。
社会や立場や役割。
そして家庭やホーム、身内がテーマの一カ月となりそうですね。
今年1月の蟹座の月食の影響や、先月の蟹座の日食の影響も受けるので、わかりやすい結果が出る人もいるでしょう。
 
月が変わってすぐに土星が星座を戻りますから、
今年3月頃までに起きていたことはプレイバックがあるかもしれません。
 
依然として多くの天体が逆行をしていますが、水星はやっと順行に戻ります。
金星の逆行も6月に終了していますから、停滞や混乱が少々解消される兆しがあります。
 
太陽が獅子座に入ったら、一年で最も太陽のエネルギーが強い時間に突入です。
このエネルギーをいっぱい受け取って、あなたの魅力や輝きに変えてくださいね。
 

星の動き

 

太陽 ⇒7月22日に獅子座へ!
水星 ⇒蟹座 2月12日に順行へ!
金星 ⇒双子座
火星 ⇒牡羊座
木星 ⇒山羊座(逆行中)
土星 ⇒7月2日 山羊座へ戻る(逆行中)
天王星 ⇒牡牛座
海王星 ⇒魚座(逆行中)
冥王星 ⇒山羊座(逆行中)
 
満月は7月5日 13時45分 山羊座(13時44分月食)
新月は7月21日 2時34分 蟹座
 

満月は山羊座!

 

山羊座の満月は、社会的な立場に対する到達や達成がテーマです。
交際を決めたり、結婚を決めたり。
何か大きな責任を背負ってステージを1段階アップするようなときです。
 
また集団意識が高まるときでもありますから、周りの人と協力して何かを成し遂げることが出来るでしょう。
今まで未来や目標のために準備や努力をしてきた人には嬉しい結果がでそうです。
 
満月時のホロスコープを詳しく見ていきましょう。
このとき、満月が起こる山羊座では多くの星が一緒に同じ度数で重なっています。
 
土星も同じ山羊座に滞在していて、この時木星、土星、冥王星はすべて逆行状態です。
大きな力や権力、そして我慢や学びを象徴する星たちがそろっていたり、逆行をしていますから、少々重たい雰囲気が否めません。
今この時に起こる事は今年の年末に起こる大きな変化や成長の場面に強く影響する可能性があるので、未来に対する強い意識を持って行動するのが良いでしょう。
 
男女の違いや差別やLGBTに関する事に動きが出やすい時期です。
自身の恋愛において、こうした問題が影響することもあるので頭の隅っこに入れておいてくださいね。
 
3ハウスという移動やコミュニケーション、学習を意味する場所で起きる満月ですので、社会的な場面でそういった学びの機会が増える人も。
 
一方光を差し込む太陽側は蟹座で、9ハウス。
ベスタという家庭に対する仕事意識や、強い使命感、義務感や目的意識に関する小惑星と重なっています。
 
加えて蟹座は家族や身内、また母性の星座といわれています。
家庭に関することや家族に関する強い意識があなたの目標達成をサポートしてくれるのかもしれません。
 
また9ハウスから差し込む光ですから、違う価値観や、高い専門性が鍵を握るようです。
なじみのないことでも、否定的にならずに受け入れることが出来ると、運気が荒れずに済みそうです。
 
この満月で交際や婚約の兆しが見えるのは「どこかに必要性を強く感じて」という場合が多いかもしれません。
 
満月の手放しポイントは「曖昧な覚悟は手放す、もしくは覚悟できないことは進めない。」
 

蟹座の新月

 

蟹座の新月は6月に引き続き二度目です。
前回逃してしまったチャンスがあれば、もう一度チャレンジできるかもしれません。
 
新月時のホロスコープを詳しくみていきましょう。
新月は2時34分に起こります。覚えやすい時間ですね。
 
余談ですが、この234という数字は、エンジェルナンバーでは「強力な味方がついている」という意味になるそうです。
とても縁起が良い雰囲気。
 
肝心のホロスコープは、満月と山羊座に戻った土星が完全に対峙する形になっています。
どうやらお金や所有物に関することに注目が集まりそうです。
 
恋愛とは直接大きく関係しないような雰囲気ですが、同棲しているカップルや、結婚している人にとっては少々愛に響く影響もありそうです。
しっかりと自分の稼ぎや、所有している範囲を冷静に見つめ直すことが大切でしょう。
 
この新月からは、何事も今までの経験ややり方に加え、自分の直感や占いや世間の人々の声なども参考材料にし、偏りのない方法を取り入れていくことをスタートさせましょう。
馴染みのない価値観にも心を開いてください。
 
蟹座の支配星である月が太陽と重なるので、嫉妬心が強くなったり感情の触れ幅が大きくなる人も。
無理をしないことや、思い切り泣いて心のデトックスを心がけるといいでしょう。
 

新月アファメーションヒント

 

「愛する関係に対して、互いに心が落ち着くことを、知っているという宣誓を」
あなたがこの愛の関係に安心を持てないのであれば、相手も安心できないということを知ってくださいね。

おひつじ座(牡羊座)

 

土星の動きや満月、新月の影響をしっかりと受ける今月。
しんどいと感じるタイミングもやってきますが、守護星である火星があなたの星座で力を与えてくれていますから、情熱ややる気によって乗り越えられそうです。
恋愛では火星によって男性性が強くでることが増えそうです。
 
あなたに眠っている大胆さという魅力を思い切り発揮してください。
今月、過去の傷に向き合うときは、自分にやさしくしてあげてください。
 

おうし座(牡牛座)

 

あなたの守護星であるヴィーナスが長い時間双子座に滞在しています。
つまりあなたはしばらくの間、あなたにとって自分の感覚を満たすような時間の中を過ごしてきました。
 
まだまだ金星は双子座にいますが、この夏以降はこの内側の充電期間を経て、外へ羽ばたいていく時間がはじまります。
愛に関しても、自分の感覚に忠実でありながらあらゆる価値観や哲学を身につけていけるでしょう。人としての魅力が上がりますから、本当に大切な人と、濃い時間を過ごせるようになるはずです。
 

ふたご座(双子座)

 

金星が長い間双子座に滞在しています。
あなたの周りは愛にあふれていたり、喜びにあふれていませんか?
たくさんの人があなたに対して、嬉しい報告をしてくれるはずです。
あなたも自分の嬉しい報告を積極的に周囲にするようにしてください。
 
そして愛する人に対しては、駆け引きの多い時間になりそうですが、素直な気もちを常に忘れないようにしていてくださいね。
今月深い関係になる相手は、ちょっと良くも悪くもあなたにとって強い運命の人になる予感です。
 

かに座(蟹座)

 

二度目の新月がやってきます。
先月逃したチャンスがある場合は、この新月でもう一度チャレンジできる予感。
その前に起こる山羊座の満月では、あなたにとって愛ある関係に強く光が差し込みます。
 
太陽と一緒にベスタという星がいますから、あなたにとって大切な仲間や家族も巻き込んで、努力の後の嬉しい結果がやってきそうです。
一方で苦しい関係は、今月で終了の予感。
 
この時にしっかり清算しておかないと、年末の大切なときに少々痛い目を見てしまう可能性も。逆にすっきりさせておくと頑張った分だけ、しっかりと喜べる結果が待っています。

しし座(獅子座)

 

月の後半22日には太陽が獅子座に入り、太陽のエネルギーが一番強い時期に突入します。それまで太陽が蟹座にいる段階では、あなたの潜在意識の部分に光が当たっている状態です。
つまり今月は22日までの時間は少々心や自分の一番深い部分へ向き合う修行のような時間。自分の人生の基礎固めのような出来事も増えていくかもしれません。
 
とはいえ、愛に関してはしばらく続いた困難や重たい雰囲気が消えていきますから、スムーズな展開を期待できるでしょう。
愛情や喜びに関してはしっかりと表現してください。
 
この時期にする口約束は、あなたにとって嬉しい結果を運んで来てくれるでしょう。
 

おとめ座(乙女座)

 

7月に入ってすぐ、また満月の頃に乙女座の人にとって重要な何かが起きる気配があります。
何よりこの一カ月はあなたにとって人生に大きな影響を及ぼす決定的なことが起きる確率が高い時。愛に関しては未来を約束するよな前進があったり、もしくは先が見えない関係の場合は一気に縁が切れたり。未来の方向性が決まるようなことも多いでしょう。
 
恋愛もそうですが、何においてもあなたにとって本当に大切なものしか残らない時期です。
 

てんびん座(天秤座)

 

天秤座の人も満月や新月の影響をしっかり受ける一カ月です。
土星の星座移動に関しても、天秤座の人は厳しい影響を感じるかもしれません。
3月以前の状態や、厳しい雰囲気が戻ってくるような気配が。
 
あなたにとって一番安心できる場所で、またひとつ最後の仕上げや最後のやり直しがあるかもしれません。
大好きな人との関係も、家族や身内に関することで左右されるでしょう。
とはいえ、火星があなたの愛を応援してくれますから、もしかすると家庭を持つ、同棲を始めるなどの嬉しいスタートを感じられる人もいるでしょう。
 

さそり座(蠍座)

 

今月は後半に一カ月の結果がしっかりと出るような月です。
頑張れば頑張っただけ、後半に帰ってくるでしょう。
 
愛に関しては、深い心のやり取りがあるかもしれません。心と体で繋がるような不思議な雰囲気。
言葉によるコミュニケーションが少しすれ違ったり、問題が起きてしまったりするのに、深い部分では繋がっているのを感じられるでしょう。
 
誰かのために一生懸命学び、そして伝えていくような一カ月ですが、やはり言葉によるコミュニケーションには少々エラーが起きやすいので気をつけるようにしてください。
 

いて座(射手座)

 

6月後半より、愛に関して強い後押しを感じたり、手ごたえや情熱を感じている人も多いかもしれません。
過去に傷ついた心に向き合う瞬間もやってきそうですが、今月は恋愛運は絶好調。
 
ここからしっかりと未来にむけて歩き出すような雰囲気があります。
なによりあなたが周囲の人と協力して困難や努力の壁を乗り越えていくような雰囲気がありますから、恋愛に限らずさまざまな場面で満たされ愛を感じることが増えるでしょう。
 

やぎ座(山羊座)

 

あなたらしさが輝く一カ月です。
スタートからあなたの長所が生かせる出来事に沢山遭遇するでしょう。
 
どこか雰囲気は厳しい場合も多いですが、ここ最近の波を乗り越えてきたあなたなら大丈夫。
愛に関しては停滞していたことがあれば動き出しますし、快調だった部分には学びというブレーキがかかるかもしれません。
 
この先にいくには確固たる信念の元進んでいく必要があるので、迷いのある相手の場合は未来が見えなくなってしまう可能性も。
新月の頃には自分の気持に関わらず、状況がハッキリしてきそうです。
 

みずがめ座(水瓶座)

 

7月はここ最近感じていた重さや停滞感を抜けて一気に再び自由さを手に入れるような時期です。
動きも気持も軽快さが増すでしょう。
 
ですが奥の奥の心の面では慎重さが増えていき、本心を隠しがちになりそう。
人知れずこつこつと努力するような時間がまた始まり、一度思い切った人のことも再び気になりだす予感が。
 
ですが会話ややりとりは盛んになるので、寂しさや孤独感とは縁遠いでしょう。
 

うお座(魚座)

 

7月は体の内側から湧き出るようなパワーを感じるかもしれません。
今までバラバラに散ってしまっていたパズルのピースをかき集めて、再び形いにするような雰囲気の一カ月。
 
愛に関しては、まるでスチームのような熱気と惑いの中にいた人も、少しすっきり冷静になれるでしょう。
変な熱っぽさや、いやらしさが消えていきます。
 
今まで見えなかった相手の一面に気付き、そしてそれをしっかりと受け止め、クリアーな視界で新しく愛を再スタートさせられるはずです。
 
(Ayura/ライター)
 
■12星座別!2020年下半期の恋愛運
■2020年下半期、好きな人との関係はどう変わる?
■【12星座別】癒やし系ランキング
 

pickup!
星座占い】の最新記事
  • 【12星座別】8月の出会い運がUPする日
  • 【12星座別】8月の恋愛運
  • 【12星座別】下半期のエロ運
  • 【12星座別】7月の出会い運がアップする日
  • 【12星座別】7月の恋愛運
  • 【12星座別】癒やし系ランキング
  • 2020年下半期、好きな人との関係はどう変わる?
  • 【12星座別】インドア生活に向いている星座ランキング