2022年上半期(1~6月)の仕事運について、ランキング形式で紹介していきます。
 
水瓶座の時代に入ったことによる、風属性の影響が強く吹き荒れている状況ですので、変化という言葉が常についてまわります。
 
それは必ずしも望んでいたような変化ではなく、予想外の出来事による中断や停止、意図しない新たなものを受け入れる、といった変化も含まれています。
 
それもまた、新たな時代へ進むためのものですので、変化そのものを楽しく受け入れることができれば、いいですね。
 
ではでは、2022年上半期の仕事運ランキングです。
 

第1位 水瓶座(1/20-2/18)

 

去年に引き続き、水瓶座の仕事運は良い状態のまま迎えることができるでしょう。
 
取り組んできたことが、成果となって現れてくる時期ですので、勝負を続けてきた人にとっては、達成感を得られる展開となります。
 
1月から忙しくなり、成果が出るのは4~5月。さらに5月は飛躍のために取り組む月となるでしょう。
変化を恐れず、変化を楽しむことが、仕事運をアップする鍵となります。
 

第2位 魚 座(2/19-3/20)

 

上半期だけで魚座の仕事運は決まるといっても過言ではないぐらい、大切な期間となるでしょう。
仕事に関するチャンスがどんどんやってきます。
 
そのたくさんあるチャンスをどう生かすが、重要になります。チャンスつかみ取ってことチャンスであり、眺めているだけでは、なにも起きません。
 
1~3月くらいまでチャンスは続きます。4月に入ると手にしたチャンスを形にしていく期間へと突入していくでしょう。
具体的な将来像を持つことで、チャンスに気づくことができます。
 

第3位 獅子座(7/23-8/22)

 

未来への展望が具体的になる状況となるでしょう。
 
去年のから続けていることが、より拡大していくため、周囲との歩調を合わせていくことが大切になります。獅子座は自分が先頭に…というタイプではありますが、一人できないこともあるので、それを体験していく過程なのだと思ってください。
 
忙しさは3月ぐらいまで続き、4月は少し苦労するかもしれません。それも5月に入れば新たな展望へと繋がります。先走らず、コミュニケーションをしっかりと取ることがポイントです。
 

第4位 蠍 座(10/24-11/22)

 

準備が整い、蠍座は上半期を駆け抜けることができるでしょう。計画していたことを実行に移す時であり、勝負に打って出る時期となります。
 
それは転職や技能の習得といったものだけではなく、すべての変化にポジティブなエネルギーをもたらしてくれます。
 
1月中に準備を整え、2月に入ると行動に移すのがベストなタイミングとなります。5月には結果が出ているでしょう。

第5位 牡羊座(3/21-4/19)

 

変化を求めることで、牡羊座は次のステップへ進むことになるでしょう。今続けていることに未来を感じられないのであれば、次へ進むしかありません。理由はそれだけで十分でしょう。
 
2月末~3月が変化を起こす時であり、4月という社会的なタイミングも見据えて動いてください。すぐに結果はでませんが、6月にはある程度の展開を予測できるぐらいには、状況が固まっています。
 

第6位 山羊座(12/22-1/19)

 

今までのやり方ではなく、新たな視点や新たなやり方を見つけることで、一気に飛躍できるでしょう。
 
山羊座は安全な方法を好みますが、危険な道を進む方が上手くいく傾向の強い星座であり、それが試されるような展開が待っています。
 
コミュニケーションが飛躍の鍵であり、選択肢の扉が見えてくるのは2月。その後、コミュニケーションを深めていくことで、4月に新たな展開が見えてくるでしょう。
 

第7位 射手座(11/23-12/21)

 

流れに乗っていけば、少なくとも上半期は順調に進んで行くことができるでしょう。周囲と馴染む、わかり合うということが、次のステップへ進むための鍵となります。
 
射手座にとって、新しい場所が見えてくると、そちらに意識が行ってしまいがちなので、それだけは注意してください。
 
特に3月は新しいことに興味を抱きますが、今いる場所から離れるような展開は4月以降まで待ってみてください。
 

第8位 蟹 座(6/22-7/22)

 

仕事面における出会いが多く、そこから新たな展開を始めていくための準備期間となるでしょう。
 
蟹座はコミュニケーションが得意な星座です。今すぐに結果を求めるようなものではなく、未来的な思考で新たな関係を作ることが大切になります。
 
1月~2月に大きな出会いがあり、その影響によって4月になんらかの決断をすることになります。

第9位 牡牛座(4/20-5/20)

 

変化を起こすことはできますが、新たな展開を生み出すまでには時間がかかるでしょう。
 
牡牛座の傾向として、動くつもりであれば、計画を立てているのなら、それを実行に移す分には問題ありません。ただ、思っていた通りの成果を出すためには、我慢が必要になります。
 
2月は動きやすい時期であり、選択肢も見えてきます。成果は早くても4月、遅れれば6月までズレ込みます。
 

第10位 乙女座(8/23-9/22)

 

自分の方向性を正しいものへ変えていく時期となるでしょう。乙女座の正しさがピックアップされる時であり、自分に求められているものがわかるようになります。
それを実行することで、下半期に向けて仕事運が上がっていきます。
 
3月に入ると、周囲との関係に変化が訪れ、そこで変わる必要が見えてきます。5月に入るとそれは決定となり、6月には受け入れているでしょう。
 

第11位 双子座(5/21-6/21)

 

変化より進化を求めることで、未来へ繋がるでしょう。現状、誰かを支えている、手助けしている状況であり、振り払ってまで、新たな場所を目指すメリットがありません。
 
双子座はコミュニケーションで勝負する星座であり、それを否定するような行為は、自分を貶めるだけでしょう。
 
3月~4月に未来を考えますが、現状維持に努めることになりそうです。
 

第12位 天秤座(9/23-10/23)

 

仕事よりもプライベートを優先することになるでしょう。
 
パートナーを見つける時期であり、結婚運の上昇もあるため、上半期で新たな仕事を見つけるような展開は難しくなります。仕事とプライベートのバランスを保つことが大切であり、天秤座にはそれができます。
 
2月~3月に関係が長く続きそうな人物との出会いがあり、これが仕事上におけるパートナーになる可能性があります。以降は現状維持を続けるのが良いでしょう。
 
(ウイッカ/Writer)
 
■12星座別占い|腹黒い人ランキング!
■12星座別|世渡り上手度ランキング!
■12星座別|“ぼっち”になりやすいランキング!

星座占い】の最新記事
  • 12星座別|ミニマリストランキング
  • 12星座別|自分らしさはどんなところ?
  • 12星座別|自分大好きランキング
  • 12星座別|くよくよと後悔しやすい人ランキング!
  • 12星座別|アイドル度
  • 12星座別|こだわりが強いランキング
  • 12星座別|つい食べ過ぎちゃうランキング
  • 12星座別|頑張りすぎちゃう人ランキング