「彼氏にふられた」って一般的にはネガティヴなことだと思われていますよね。
 
ですが、いかなる事象にもいい面と悪い面があるものです。彼氏にふられたことは大きな心の傷になることもありますが、ふられたことがきっかけになり、自分の本音に気が付ける、というメリットもあります。
 
今回は、彼氏にふられることのポジティブな側面についてお話致します。
 

彼氏にふられる理由はひとつしかない

 

ふられる理由は千差万別だと思われがちです。
 
他に好きな人ができた、将来が考えられないと思った、遠距離になった、仕事が忙しくなった、など彼は何らかの理由を口にするでしょう。
 
ときには、「自分でもなぜこうなってしまったのか分からないけど、気持ちが冷めてしまった」と言われて、「私の何がダメだったのだろう」と考え込んでしまうこともあるかもしれません。
 
ですが、実際にはふられた理由はひとつしかありません。その理由とは、彼はあなたのことを心からは愛していなかった、ということです。
 
これは、あなたにとってとても辛い事実かもしれません。ですが、事実を受け入れなければ、前に進むことはできないのです。

彼氏にふられたときの反応で、本当に彼氏のことが好きだったのか、が分かる

 

彼氏にふられたとき、あなたはどういった反応をしたでしょうか。
 
・なんで?と詰め寄る
・やり直すことができないのかと懇願する
・約束と違う!と怒る
・暴言を吐く
・泣く
 
などなど、様々な反応が考えられます。
 
晴天の霹靂でふられてしまった場合、誰しも最初は動揺するでしょう。怒りや悲しみ、虚しさが一挙に襲ってくるのは普通の状態です。
 
ただ、長期間にわたり、「こう言ってたのに(ずっと一緒にいたいって言ってたのに、など)」とか「付き合っていたこの時間は無駄だった」などと言う気持ちが湧き上がってきたり、責めるような言葉を投げつけ彼を傷つけたい・復讐したいという気持ちになったりした場合、あなたは彼氏のことを愛していたのではなく、「自分のことを愛してくれている人」「自分の需要を満たしてくれている人」に執着しているだけの可能性があります。
 
本当に彼のことを愛しているならば、彼が幸せになることを願えるはずであり、最初は拒絶されたことをショックだと感じ傷ついても、彼に怒りや恨みをぶつけたいとは思わないはずなのです。
 
彼氏にふられたことで、ドロドロした感情から長期間逃れられないときには、「あれだけ好きだったんだから、今私はこんなに苦しいのだ」と勘違いしてしまいがちですが、実際は、「愛していなかったから苦しい」が本音なのです。

彼氏にふられたことは、不幸なことではない

 

人生万事塞翁が馬です。
 
彼氏にふられたことで、一時は落ち込むかもしれませんが、時間が経てば、「あのときに別れておいてよかった」と思えるでしょう。
 
また、彼氏にふられた後、「辛いけれど、彼の決断したことなのだから仕方がない。今まで幸せな時間をありがとう」と思える関係性を築けたあなたは幸いです。自分の幸せと同じように、彼も幸せであって欲しいと願えるような、素敵な人に出会えたことは、人生の大きな宝になるでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■『フロイトの精神分析』で失恋から立ち直って、いい女になる方法
■大好きだったのに…特に理由もなく、彼氏にガッカリしてしまう理由
■「重い・冷めた」が別れの理由…つらい失恋時期を乗り越える方法

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

失恋】の最新記事
  • フラれた理由を追求しても、「一文の得にもならない」その理由とは?
  • 卒業します! 引きずり倒した恋と「きれいさっぱりお別れ」をする方法
  • トラウマ級! 史上最悪な失恋エピソード3選
  • 失恋、二番目彼女……受け入れたくない現実に直面した時の対処法
  • 失恋を癒すのは男だけじゃない? いまだから笑える他人の失恋話4つ
  • 「過去の恋愛を引きずっています」元恋人を忘れる必要ある?なし?
  • 好きな人からの「友達宣言」を覆したいときのおすすめ行動
  • 次の恋に進むために、恋の断捨離を始めましょう