恋愛している人の方が、恋愛していない人よりも素晴らしい、と言うつもりはありません。
ただし、「恋愛をしたいと思ってはいるけど、過去に負った傷が癒えなくて、恋愛することが怖い」と思っているなら、その生き方は改めるべきです。
 
なぜか? 今回は、過去の恋愛との決別の仕方についてお話をさせてください。
 

過去を理由に未来を選択してはいけない理由

 

あなたも人生で一度ぐらい「過去にこういう経験があったから、未来もきっとこうなるに違いない」と思ったことがあるのではないでしょうか?
それは必ずしも恋愛だけにとどまらず、キャリア選択やちょっとした普段のお買い物など、日常のあらゆるところに潜んでいます。
 
しかし、この思考性で物事を考える癖を身につけてしまうと、未来の自分は常に「過去の延長上」にしかいられない人間になってしまいます。
つまり、なりたい自分ではなく「なりそうな自分」にしかなれない、ということです。
 

関連キーワード
失恋】の最新記事
  • 彼氏との別れを決めたとき…女子が使っている「別れの台詞」4選!
  • なぜ「傷つくのが怖くて恋愛できない」と思ってはいけないのか?
  • 『フロイトの精神分析』で失恋から立ち直って、いい女になる方法
  • アラサーの失恋は傷が深い……恋人と破局した原因って?
  • 「いい女」でいるために……失恋を引きずってはいけない
  • ふられた理由を追求しても一文の得にもならない
  • フラれたあとの対応が大切! 大人の女性として守りたいマナー4つ!
  • 元カレが忘れられないなら、早く彼氏を作ろうとしてはいけない