大好きな彼氏にふられてしまったら、「なぜ?」「私の何が悪かったんだろう」とふられた理由を探してしまいがちです。
 
ですが、実はふられた理由探しは百害あって一利なしだと言えます。なぜなら、問いかけるまでもなく、ふられた理由はひとつしかないからです。
 

ふられた女子が考えがちな、ふられた理由のバリエーション

 

ふられた女子は、ふられた理由を彼に直接聞いたり、ときには自分で考えたりします。ここでは、ふられた女子が思い込みがちなふられた理由のバリエーションをみていきましょう。
 
・私が飽きられたから。
・努力が足りなかったから
・私があまりかわいくなかったから
・私の存在が重く感じたから
・彼の仕事が忙しくなったから
・長くいすぎて、友達(妹・家族)のようにしか思えなくなってしまったから
・彼の結婚したいタイミングと私のタイミングがずれたから
・私が彼に依存しすぎたから
・彼には資格試験(受験)のための時間が必要だから
・遠距離になってしまい、あまり会えなくなってしまったから
・彼に他に好きな人ができたから
・付き合っていくなかで価値観が合わないと感じたから
・私が付き合いになれて、綺麗でいる努力をしなかったから
などなど。

ふられた理由を考える時間は無駄。なぜなら答えはひとつだから

 

次に、ふられた理由を追求する時間が無駄な理由を解説いたします。
 
実際になぜあなたはふられたのでしょうか。それは、上記に挙げた理由の中のひとつかもしれませんし、全てかもしれません。ですが、究極的にはふられる理由はひとつしかないのです。
 
その理由とは、彼はその時あなたのことを愛していなかった、ということです。
 
忙しい、友達にしか見えなくなった、などの言い訳は、すべてこの痛い真実をコーティングするための言葉でしかありません。
 
口ではなんとでも言えますが、事実、彼はあなたのことを愛していなかったのです。
もし愛していたら、別れたいとは思わないし、愛している人を傷つけたいとは思わないはずなのですから。
 
「私が愛される努力をしていればよかったのか」というのも幻想です。どれだけだらしなくて、いやな女でも愛されます。逆に、どれだけ他人からみて完璧な女性でも愛されないことは多々あります。
 
ふられたのは、彼とあなたとの相性が悪かっただけなのです。

さいごに

 

ふられた理由を考えるのは時間の無駄です。なぜなら、答えは考えるまでもなく決まっているからです。彼はあなたを愛していなかった、それが理由です。
 
たとえ、一時的にでも愛情を注いでくれていたとして、別れを告げる瞬間もあなたを愛しているということはありません。そう分かったら、彼のことを考えるのはもうやめましょう。自分のことを愛してくれていなかった人と別れられて良かったのです。
 
とはいっても、最初はつらさや悲しさを感じるでしょう。そんなときは、なぜつらく、苦しく感じるのか、自分の心を見つめてみましょう。
 
あなたと別れた彼の幸せを願えますか?
「あいつだけ幸せになるなんて許せない。私をふっておきながら」と思いますか?
もしあなたをふった彼の幸せを願えないなら、あなた自身もまた、彼を愛していたのではなく、単にエゴから執着していただけの可能性があるのです。
 
(今来 今/ライター)
 
■「彼氏にふられた」ら、自分の本音に気が付けるチャンス
■すぐフラれる原因!? 恋に依存し過ぎちゃう女性の特徴・解決策
■もしも彼氏にフラれたら……。女性として守りたいマナー4選

失恋】の最新記事
  • なんで、どうして……これといった「理由もなくフラれる原因」って?
  • 失恋→忘れられない恋→思い出――過去の恋愛の清算方法5つ
  • 思い出の言いなりならない! 過去の恋愛を上手に「清算する方法」
  • フラれた理由を追求しても、「一文の得にもならない」その理由とは?
  • 卒業します! 引きずり倒した恋と「きれいさっぱりお別れ」をする方法
  • トラウマ級! 史上最悪な失恋エピソード3選
  • 失恋、二番目彼女……受け入れたくない現実に直面した時の対処法
  • 失恋を癒すのは男だけじゃない? いまだから笑える他人の失恋話4つ