彼氏との別れを決めた女性にとって、彼氏に告げる「別れの台詞」は最大の悩みですよね。たとえ別れを決めたとはいえ、これまでたくさんの思い出を一緒につくってきた大切な人には変わりありません。
 
できる限り彼氏を必要以上に傷つけたくはないですが、だからといって中途半端に優しい言葉をかけるのは、逆に残酷……。本当に、別れの台詞ほど難しいものはありません。
 
そこで今回は、「彼氏との別れを決めたとき…女子が使っている『別れの台詞』4選」をご紹介したいと思います。
 

1.「別れてください」

 
「一度『別れたい』と言ったのですが、なかなか別れてくれなくて……。最終的に頭を深く下げて真剣に『別れてください』とお願いしました」(20代/パソコン講師)
 
▽彼氏が別れを受入れてくれないことは必ずあります。そんなときは諦めず「別れたい」という意思を伝え続けることが大切。気力と時間をかけなければ別れられない場合があることも覚悟しておきましょう。
 

2.「他に好きな人ができた」

 
「他に好きな人ができたので別れてほしいとハッキリ伝えた。好きな人ができたことを言うかどうか迷ったけど、中途半端に言葉を濁すと別れられないと思ったので、正直に伝えた」(20代/フリーライター)
 
▽好きな人ができた場合は、正直に彼氏に話すのがいいかもしれませんね。ただ単に「別れよう」と言うだけでは、彼氏は納得できないでしょうし、結局は理由を問いただされて理由を話さなければいけなくなるのであれば、最初から話しておくのがベター。
 

3.「マジで嫌い」

 
「いろいろ考えたけど、彼氏に期待を持たせるのも嫌なのでハッキリと『マジで嫌い』と言って別れた。当然彼氏は怒ってたけど、キッパリ別れられたから良かった」(20代/看護師)
 
▽彼氏にとってはつらい言葉かもしれませんが、キッパリ別れるためには自分を嫌いになってもらうことも必要かもしれませんね。ただ、勢い余って余計なことを言わないように気をつけましょう。
 

4.「あなたとの先はない」

 
「金銭感覚も違うし、子ども嫌いだし、この人と結婚は絶対にしないだろうと思ったので、『あなたとの先はないから別れよう』と言いました」(30代/営業事務)
 
▽たとえ好きであっても、別れを決断しなければいけないときがあります。女性から「先はない」という言葉を聞いて、引きとめる男性はいないはず。それほど、「先はない」という言葉の威力は強いものです。
 

まとめ

 
いかがでしたか? 別れを告げるのは本当につらいことです。もしかしたら、あなたの別れの台詞に納得できず、彼氏がすぐに受け入れてくれない場合があるかもしれません。
 
そんなときは焦らずゆっくり彼氏と話し合ってみてください。ただ、彼のことを思うばかりに優しい言葉をかけてしまうとズルズルと関係が続いてしまうので、事務的に話すのがベター。
 
ちょっと冷たいかもしれませんが、あなたのためにも彼氏のためにも、別れに「情」をかけすぎるのは禁物です。
 
(遠矢晶子/ライター)
 
■別れた後の彼の言動に共通点が! 元彼あるある
■最近、彼の気持ちが離れている?今の彼氏の気持ちとは?
■彼氏の部屋で「浮気の証拠」を見つける5つの方法
 

失恋】の最新記事
  • 次の恋に進むために、恋の断捨離を始めましょう
  • 失恋に心を痛めるあなたへ……絶望に効く! ネガティブ名言7選
  • 失恋した時どうすればいい?依存対対象が突然なくなった時のメンタルの保ち方
  • 失恋をバネにして飛躍するための4つの方法
  • 自分をふった彼氏と綺麗に別れるための4つの心得
  • 「彼氏にふられた」ら、自分の本音に気が付けるチャンス
  • 彼氏との別れを決めたとき…女子が使っている「別れの台詞」4選!
  • なぜ「傷つくのが怖くて恋愛できない」と思ってはいけないのか?