心を引き裂かれ、自分ではどうしようもないほどボロボロになってしまう失恋。
本気の恋愛であればあるほど、失恋から立ち直るのは大変です。
でも大丈夫! 精神分析学の権威、フロイトがあなたの気持ちを分析し、失恋から立ち直る手助けをしてくれますよ。

 

ストレスから心を守る「防衛機制」

 

フロイトの精神分析では、ストレスや不安などの感情的苦痛による心のダメージを減らしたり避けたりするために、無意識にはたらく心のはたらきを「防衛機制」と呼びます。
 
この心のはたらきは無意識のうちに実行されますから、失恋に耐えようとする気持ちもまた自分の知らない間に「防衛機制」を実行しています。
その代表例をいくつかご紹介しましょう。
 
●「抑制」
他のことを考えるようにして、嫌なことから目をそらすことを指す。
→これは「仕事に没頭して元彼のことを忘れようとする」などで現われます。
 

●「否定・否認」
嫌なこと自体が起こっていないことだと思い込むことを指す。
→失恋なんてしていないと思い込むことで、諦めが悪くなり、しつこく電話をかけるなどの行為としてあらわれます。
 

●「投影」
自分の性格や動機を相手のもののように感じることを指す。
→「自分も彼氏に対して気に入らないところがあったし、むしろ自分がふってやった」と思い込むことです。こうなると失恋からの成長は得られません。
 

●「転嫁」
失敗の原因を自分以外のもののせいにすることを指す。
→「今日私がふられたのは、今月の恋愛運が最悪だと言っていたあの占いのせい」などと考えることです。
 

●「置き換え」
対象、または衝動を置き換えることを指す。
→対象の置き換え:元彼によく似た人を好きになり、ダメンズばかりと恋愛する女になってしまう危険性があります。
→衝動の置き換え:自分をふった相手に無言電話をかけ続けて嫌がらせをすること。彼にふられたあげく、縁を切られることとなります。
 

●「代償(代理)行動」
欲しいものをかわりのもので満足させることを指す。
→「彼氏にふられたけど、前から私を好きだって言っているA君と付き合えばいいかな」と考えてしまう状況です。好きでもない相手と付き合うことは、またお互いを傷つけるだけです。
 

●「反動形成」
抑圧した思いが意識にあがってこないように、本心と裏腹なことを言ったり、正反対の行動をとったりすることを指す。
→本当は彼氏がほしいが仕事に没頭して恋愛に興味がないフリをすること。
 

●「逃避」
嫌な状況、嫌な問題から逃げ出すことを指す。
→ふられた相手の顔を見ないようにするために会社を辞めること。
 

確かにこんなふうに思ってる! こういうことやってる!
 
そう思った人も少なくないのでは?
フロイトにはあなたの失恋との葛藤が全部お見通しなのです。
 

関連キーワード
失恋】の最新記事
  • 『フロイトの精神分析』で失恋から立ち直って、いい女になる方法
  • アラサーの失恋は傷が深い……恋人と破局した原因って?
  • 「いい女」でいるために……失恋を引きずってはいけない
  • ふられた理由を追求しても一文の得にもならない
  • フラれたあとの対応が大切! 大人の女性として守りたいマナー4つ!
  • 元カレが忘れられないなら、早く彼氏を作ろうとしてはいけない
  • まだ続けているの?ダメな恋愛をスパッとやめるコツ
  • 本気だったのは私だけ? ヤリ逃げする男性の心理とは