勢いで彼との別れに突き進んでしまったけれど、時間が経てば経つほど胸をえぐられるような哀しさと寂しさにどうにも耐え切れなくなる。
 
もちろん、無様な姿は人に見せられない。でも、もう限界……
 
こんな、胸を引き裂かれるようなつらい失恋の経験をしたことのある女性は多いでしょう。
 
そんなとき、つい失った恋を取り戻そうとしていませんか? 
 
失った恋は、そのままにしておいたほうがいいのです。

 

失った恋を取り戻さないほうがいい理由

 

気がつくと、引き寄せられるように別れたカレに電話している自分がそこにいる……
 
そんなときの動機は大別すると、二通りあります。
 
ひとつは、どうにも寂しさに耐えきれず、不条理だと分かっていながらも男性にすがってしまうケース。
 
そしてもう一つは、あんないい男性には一生出逢えるわけない、なにがなんでも失いたくない、無様にすがってでもよりを戻したい……そう思ってしまうケース。
 
前者の、自分から別れを告げたはずなのに寂しさに耐え切れず舞い戻ってしまった場合。
 
もういらないからと捨てたはずのぬいぐるみだけど、せめて代わりの新しいぬいぐるみを手に入れるまでは自分のもとに置いておきたい……そんな心理に似ています。
 
そういう別れ方をした男性は、大抵あなたを迎えいれてくれます。
 
もう顔もみたくない、と思ってあなたが振った彼は、きっとあなたの不条理なワガママを受け入れてくれるのです。
 
というのも、振られた彼にとっては、自分のもとから去ってしまった彼女がまた舞い戻ってくれるなんて、むしろ好都合。
 
世の中には、女性を追いかけ追い求めるハンターではなく、根っからの“イソギンチャク型”の男性のタイプがいます。そして彼らは絶対に自分から行動を起こしません。
 
すべてあなた任せで、ことを進めようとするのです。
 
しかし、イソギンチャクのなかに舞い戻ったあなたはすぐにいたたまれない自己嫌悪にさいなまれることになります。
 
せめて一回は拒絶くらいして欲しかったなんて、不条理きわまりない不満を抱いてもとのサヤに納まる……そんな自分をあなたは自分で許せますか?
 
男性は、あなたが帰ってくるのをただじっと待っていただけで、幸せを取り戻しているのです。
 
これとは真逆で、あなたに別れを告げてあなたのもとを去って行った男性は、あなたが泣いて求めても、決して心を翻しません。
 
あんないい男性もう一生出会えない、と思うだけのことはあって、イソギンチャク男とはまったく違います。
 
確固たる意志を持っているから、一回くらいはあなたからの電話に出てくれるかもしれませんが、それ以降は何回コールしても一切応じてくれない、なんてことも。
 

関連キーワード
失恋】の最新記事
  • 『フロイトの精神分析』で失恋から立ち直って、いい女になる方法
  • アラサーの失恋は傷が深い……恋人と破局した原因って?
  • 「いい女」でいるために……失恋を引きずってはいけない
  • ふられた理由を追求しても一文の得にもならない
  • フラれたあとの対応が大切! 大人の女性として守りたいマナー4つ!
  • 元カレが忘れられないなら、早く彼氏を作ろうとしてはいけない
  • まだ続けているの?ダメな恋愛をスパッとやめるコツ
  • 本気だったのは私だけ? ヤリ逃げする男性の心理とは