網野新花です。最近では同じ趣味を持った人同士で集まる「趣味コン」も増えていますが、そんな趣味コンにはメリットもデメリットもあります。そこで今回は、趣味コンのメリットとデメリットを紹介していきます。
 

メリット

 
1.話のきっかけを作りやすい 普通の合コンだと、話のきっかけを作るのに苦労しますが、趣味コンだと趣味に関することを聞けばいいので、話のきっかけを簡単に作れます。
 
2.趣味に理解がある 「ジャニーズ」や「アニメ・マンガ・ゲーム」、男性だと「女性アイドル」など、人によっては引かれてしまうジャンルが趣味の場合、その趣味に理解のある人と恋愛関係になれるのは大きいでしょう。
 
また趣味のことを相手に話しても引かれず、むしろ興味を持って聞いてくれるので、そういった点でもメリットといえます。
 
3.相手の条件より相性を観察できる 普通の合コンだと、年収や身長、学歴などといった相手の条件を重視しがちです。そのためせっかく相手を捕まえても、相手と気が合わず早々に別れることも…。
 
一方で趣味コンだと、相手の条件より相性をチェックしてから関係を持てるので、一般的な合コンより長い付き合いをしやすくなっています。
 
4.友達から始めやすい 一般的な合コンでは、みんながみんな恋人を作るために来ているので、なかなか「まずは友達から」ができませんが、趣味コンでは恋人になれなくても趣味を通じて友達を増やせるので、友達を作りに来ている人もいます。
 
なので「いきなり恋人になるのは怖いので、まずは友達から」派にも、趣味コンはオススメです。
 

デメリット

 
1.同じ趣味でもジャンルが違う 一口に「ジャニーズが好き」といっても、嵐のファンとKing & Princeのファン、V6のファンではそれぞれ思っていることは全く違います。
 
またアニメ・マンガ・ゲームだと、イケメンがたくさん出てくるような女性向けコンテンツから、美少女が多く出る男性ファンが多いコンテンツまで幅広いので、もっと「同じ趣味なのにジャンルが違う」となりがちです。
 
趣味コンにもさまざまな種類があるので、まずは趣味コンの募集要項などをじっくりチェックし、どんな人が多そうかを想像してみましょう。
 
2.熱量に差がある 同じミュージシャンが好きといっても、ある人はツアーがあれば遠征もして複数の会場に参戦して、CDやDVDも欠かさず買う一方で、ある人はツアーがあっても地元で応募して外れれば行かず、CDやDVDは気になるものだけ買っています。
 
このように、熱量に差があると、付き合った後に揉める原因になるでしょう。
 
3.趣味に飽きたときに付き合うモチベーションを保てるか 長く好きでいたものでも、いつ飽きるかわかりません。片方がその趣味に飽きたとき、付き合うモチベーションを保てるかというと、不透明な部分があります。
 

趣味コンは恋活をしたい人にオススメ!

 
趣味コンには、恋をしたい人だけではなく友達を作りたい人も来ています。また趣味を通じて心を通わせるのが本目的なので、条件については二の次になるでしょう。婚活ではあまりオススメできませんが、恋活ではオススメです。
 
(網野新花/ライター)
 
■女性だけどナンパしてみたい! 逆ナンを成功させるための心得
■あなたにとっての「史上最高の出会い」が訪れるとき
■なぞの上から目線や勝手な思い込み…こんな勘違い男には要注意!
 

関連キーワード
合コン】の最新記事
  • 男女合コン割り勘物語 〜令和で終わるか、この議論〜
  • 合コンでスペックを必死にアピールしてくるイタい男の特徴7選
  • ハズレ合コン!フォーメーション型で攻めてくる痛い男たち6選
  • 合コンで男ウケ抜群! 好きな有名人を聞かれたときの模範回答集
  • 合コンで使える!「どんな音楽が好き?」で見抜く男性の性格7選
  • 失礼すぎ!実際にあった「最悪な合コン」エピソード
  • 同じ趣味の人が集まる「趣味コン」に参加するメリット・デメリット
  • 合コンで“すぐヤレる女判定”されてない!? 要注意なファッション5つ