「合コン」という名前だけは同じだけれど、集まるメンバーも場所も雰囲気も、そのときそのときで違いますよね。

 

最悪な合コン!

 

それが合コンの面白いところでもあるのですが、いい合コンに当たったときに比べ、そうでもないときはムカつくことも多々ありまして。
今回はそんな最悪な合コンの思い出を3つ、上げてみました。どれも、あるある、と思ってしまうものばかりじゃないでしょうか?

1.上から目線で説教された

一番多かったのは、相手がどんな職種、年齢だろうと、一定の割合で何故か存在する「上から目線説教野郎」のいる合コンが最悪だったとのコメントです。まあ、合コンに限らず、職場でもどこでも存在する「上から目線説教野郎」ですが。どうしてこの人たちは、会ってすぐの相手を説教しようとするのでしょうか? 説教の内容は様々で、「年齢がかなり上の人だったから、若いのに遊んでばかりじゃいかん、とか言われた」「年下の子に、こういう場所なれているんでしょう、それじゃあダメですよ、となぜかダメ出しされた」などなど。若くてもおじさんでも説教野郎はいるんですね。年齢は関係ないようです。同じ合コンに参加しているのに、なんで偉そうなのか不思議ですね。

2.経歴詐称いている人ばかりだった

また、詐欺だろ! と叫びたくなるのは、「経歴詐称」の合コン。中でも「結婚しているのに、結婚していないと言われてしばらく信じていた」や「いい人だなと思ったのに、婚約中の彼女がいた」などの経歴詐称は、本当にやめてほしいですよね。向こうは軽い気持ちなんでしょうが、運命の出会いを常に探しているアラサー女子には致命傷になりかねません。職業を偽るのも多いらしく、「有名商社の名前を上げていたから、どんな仕事をしているのか聞いたら、全く答えられなくて嘘だとわかった」という話も。正直であってほしいものです。

3.途中で帰られた

なにより失礼だと思うのは、合コンの途中で男性陣が軒並み帰ってしまうことですよね。信じられないことですが、たま〜にあるようです。「トイレにいった男性が帰ってこなくて、それを見に行った友達が戻ってこなくて、段々人が少なくなった」「あからさまにがっかりした顔をして、飲み放題の時間がまだ残っているのに、切り上げて帰ってしまった」などの意見も。せめて最後まで席を一緒にしてもいいんじゃないでしょうか? まあ、そんな奴らはこちらからお断りですが。

お酒も入ることで、少々ハメを外すことあると思いますが、やはり誠実に対応して欲しいですよね。付き合わなくてもせっかく出会えた縁を大事にしたいものですから。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by K.Hurley

関連キーワード
合コン】の最新記事
  • 同じ趣味の人が集まる「趣味コン」に参加するメリット・デメリット
  • 合コンで“すぐヤレる女判定”されてない!? 要注意なファッション5つ
  • 合コンのアタリ・ハズレを行く前から見破る4つのテクニック
  • 合コンで好意をさりげなく伝える8つのテクニック
  • 合コンの勘違いを撲滅! しぐさから相手の本音を見抜く6つの方法
  • これは恋愛対象外! 「合コンで見かける女子の不思議な行動5選」
  • やさしそうな男は危険かも!? 合コンで地雷男を見分ける方法
  • まずはカバンをチェックせよ! 初対面の男性の性格を一瞬で知る方法