男女の友情は成立しにくいと言われています。自分は恋愛対象としてみていないのに、男友達から急に恋愛対象としてみられてしまうこともあるでしょう。
 
なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。また、片方が恋愛関係を持っている状態で友情は続けることができるのでしょうか。
 

理由1:性的・恋愛的に魅力ある人としか友達になりたくない男性が多い?

 

「僕はもし、性的関係を100%持つことができないと確定している女性がいるとしたら、そんな女性とは遊びたくもないし、友達にもなりたいと思いません。それだったら男友達と遊ぶ方が楽しいから。こう思っているのは僕だけではなく多くの男性はそうだと思います。だから女性は男友達だと思っていても、相手はそうは思っていないことは多いです。性的な魅力のある女性だと思っていたり、彼女にしたいなと思っていたりすることはとても多いと思います。ある程度歳を重ねていくと、それがわかっていくと思います(笑)」(35歳・男性)
 
そもそも、男女の友情は成立しないと考えている人もいます。それは、経験だけでなく、その人の価値観によるものもあるかもしれません。

理由2:異性としてみる出来事があると好きになってしまうこともある

 

「男友達といる時って、基本女子と同じように戯れていることが多いので異性の目を気にすることはなかったのですが、『異性から見た恋愛相談』を何回か受けてから相手の目線が変わった時がありました」(17歳・女性)
 
「高校生くらいのときに周りが恋愛をし始めて、自分も恋愛をしたいと思いました。でも、地元高校に入ると見知った人ばかり。住んでいる世界が小さかったので、異性として意識し始めたのは女友達でした」(29歳・男性)
 
もちろん、初めはそのつもりがなくとも、恋愛感情が芽生えてしまうケースもあります。気付いたら好きになっていた可能性はありますが、何事にもきっかけがあるのではないでしょうか。
 
遊んでいた男子からそういう目で見られていた……という経験を持つ人は少なくありません。よくよく聞いてみると、「異性として見られる出来事」があったことが多いです。
 

二人の関係は成り立つか

 

「私は男女の友情はある派です。男友達はあくまで友達であって、基本的には恋愛対象にはなりません。しかし、相手は好意を抱いているんだろうなと思ったこともあります。彼自身もきっと友情が壊れることが恐れて悩んでいるはずなので、とりあえず彼が行動を起こすまでは一切気付かないふりを貫き通しました。結局、私に彼氏ができたので友達に告白されることはなく、今でも友情は続いています」(30代・女性)
 
どちらかに恋愛感情があると、友情が成立しないと考えて入る人が大多数です。
 
ですが、彼にとっては残酷かもしれませんが、あえて気づかないふりをすることで関係が崩れるまでを伸ばせることも。彼の気持ちがそれれば、そのまま友情を育める可能性が残っています。

まとめ

 

どちらかが恋愛感情を持ち込んでしまうと、なかなか友達関係を続けることは困難です。
 
しかし、長くいれば情がわき、付き合いたい、結婚したいと思ってしまうことも。だからこそ、男女の友情を成り立たせるのは、難しいと言われるのでしょう。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■男友達が急に「男」に見えて気持ち悪いと思った瞬間
■男友達に告白された! 恋愛と友情はどちらが勝利するのか?
■やっぱり男女の友情は成立しない? 男友達と縁を切った理由とは

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

友達】の最新記事
  • 男友達は恋愛対象じゃない、でも男友達からは恋愛対象として見られている件
  • 裏切り、疑惑、怒り、恐怖――「彼氏を奪った親友」女友達に彼氏を奪われたエピソード(後編)
  • 裏切り、疑惑、怒り、恐怖――「彼氏を奪った親友」女友達に彼氏を奪われたエピソード(前編)
  • 男友達が急に「男」に見えて気持ち悪いと思った瞬間
  • やっぱり男女の友情は成立しない? 男友達と縁を切った理由とは
  • 友達がフラれたときに、やってはいけない言動とは
  • 彼氏の悪口を言う友達の心理とは? どうやって付き合ったらいい?
  • ハイスペック彼氏でマウントを取る女性を待ち受けていた悲惨な末路【後編】