香水には、風水では良縁を呼ぶ効果があると言われています。しかし、うまくいっていない時は判断が鈍るようになります。自分に似合うものがわからず、匂いの合わない香水を選んでしまうことも……。

とくに、恋愛ではうまくいっていない時こそ、やめてみる勇気が必要です。恋の駆け引きでは、人を追いかけ続けるのではなく一歩引いてみることで相手の気を引いたりします。運気も同じです。ダメな時は、一歩引いてみましょう。

今回の記事では、運気が下がっている時の香水や匂いへの意識についてご紹介します。

①運気が下がっている時こそ、自分の匂いを消す努力をしよう


運気が下がっている時は、自分にいい香りをつけるよりも匂いを消すことを意識しましょう。1日が終わったら、湯船にゆっくり浸かりましょう。疲れている時や、運気が悪い時は何もやりたくなくなり、風呂に入るのも面倒でシャワーで済ませてしまう人もいるかもしれません。それでも、面倒で疲れている時こそ湯船につかってゆっくり疲れを取ることは大切です。

シャンプーやリンス、ボディシャンプーも、使うときは体臭をなるべく消すように意識しましょう。特に香りがついたシャンプーは、毎日使うことで自分の香りになります。自分に合う匂いを研究して、自分に合った香りのシャンプーを選ぶようにしてください。もしわからなければ、無香料を使用しましょう。

②人と会う時は、口臭ケアも忘れずに


口から悪臭がすると、人に不快感を与えます。口臭が気になる時は、シュッとひと吹きすれば口臭をシャットアウトできるマウススプレーがオススメです。

スプレーが嫌なら、噛むタイプのブレスケアもあります。ドラッグストアやコンビニに売っているので、急に人と合う用事ができた時にサッと購入できます。

③香水は、よくも悪くも運気を引き寄せてしまう


運気は、良い香りで引き寄せることができます。しかし、香りはよくも悪くも運気を引き寄せてしまうので、使い方には注意してください。

風水では、古いコスメはNGです。古い香水は処分し、新しい香水をなるべく使うようにしてください。香水ボトルが大きいと使い切れないという人は、ミニチュアボトルを購入するようにすると良いでしょう。

また、あまり香水をつけすぎてしまうのもNGです。自分ではいい香りだと思っていても、人からすると不快に感じる香りかもしれません。香水はとくに匂いが残りやすいので、くれぐれもつけすぎには注意してください。

④気を浄化するなら、お香を焚こう


お香は、気を浄化する効果があります。掃除したあとに使用すると、より一層効果が期待できます。

ただ、人によってはお香の香りが苦手な人もいます。お香を焚くときは、家族や伴侶など同居人の許可を得てからにしましょう。また、火を使うものに関してはくれぐれも火事にならないように気をつけてください。

⑤運気が悪い時こそ、匂いを消して厄払いしよう まとめ


運気が悪い時は、匂いを追加するのではなく消すことを意識しましょう。うまくいかない時こそ、人はあれやこれやといろいろ試そうとします。運気が悪い時は判断が鈍るので、むしろ引き算を意識して悪い運気を落としましょう。香水なら、古いボトルがあるなら処分しましょう。

身体の匂いを落とすためには、シャンプーやリンスを使って髪をしっかり洗い、毎日湯船につかることが大切です。より一層悪い運気を消したいのであれば、バスソルトや日本酒をお風呂にいれるのがオススメです。とくに、グレープフルーツの香りのバスソルトは頭がスッキリしますし、ひのきなど森林の香りのバスソルトはリラックス効果があります。みなさんも、運気が悪い時こそ匂いのデトックスをしてみて下さいね!

(みくまゆたん/ライター)

■彼をエッチな気分にさせる!香りで男性を誘う方法
■あなたの恋を邪魔する悪い気や念を浄化する方法
■話題の恋コスメとは?実際に使用して効果があったアイテムをご紹介!

風水】の最新記事
  • 不毛な恋を脱却したい!ダメ恋を風水で退治しよう
  • 運気が悪い時こそ、匂いを消して厄払いしよう