ライターの大久保 舞です。
ときには、こちらには全く気がないのにも関わらず、男性に勘違いされてしまった経験がある女性もいらっしゃると思います。

今回は「全く好きではない男性に、恋愛面で勘違いをされた経験ってある?」と筆者が女性にリサーチをした中で、印象的だったものを3つ紹介します。

勘違いその1.コンビニのお客さんに勘違いされた⋯⋯


「高校生の頃、コンビニでバイトをしていた。
近くにあった会社の社員らしき男性が、よく来ていたので、お会計のときに『いつもありがとうございます』みたいなことを言ったら『そんなに好きでいてくれるなら、プライベートでも会おうよ』と言われ、連絡先入りの名刺を渡された。
すぐにシフトを変えてもらったけれど、しばらくこわかった⋯⋯」(30代・主婦)

コンビニなどの接客業は、いわばお客さんに愛想をよくして当たり前の職業です。
筆者自身もコンビニでバイトをしていた経験があり、そのときはいろいろなことがありました。

とはいえ、お客さんに毎日来店してくれることへのお礼を伝えただけで、好意があると勘違いされたことはないので、この話の男性の勘違いにはびっくりです。


勘違いその2.本命へのアプローチを、他の男性に勘違いされた⋯⋯


「好きな人を含めた飲み会で、ここで距離を縮めたいと思ったから、好きな人に恋愛の話題で積極的に話しかけた。
そうしたら、全然好きじゃない男性が横から会話に加わってきて『話を聞いていると、君の好きな人って、俺だよね?』とか言われて。
その後も『飲み会のときにカラオケが好きだって言ってたけど、二人で行こうよ!』とか、毎日しつこくLINEや電話⋯⋯。
好きな人とは結局上手くいかなかったし、全然関係ない人には勘違いされるしで、散々だった」(20代・アパレル)

飲み会で、好きな人との距離を縮めたいと考える女性もいらっしゃるのではないでしょうか。
お酒が入っているからこそ話せる話もありますし、距離を縮めるには、飲み会は絶好のチャンスですよね。

そのチャンスで、全く好きではない男性に勘違いされることになってしまったら「好きな人はあんたじゃないよ!」と叫びたいところでしょう。

勘違いその3.SNSのつぶやきで勘違いされた⋯⋯


「私のことをずっと好きな男性がいて、こっちはどうしても恋愛対象に見られなかったから、告白を断っていた。
ある日、Instagramで『女子会で恋愛話中〜』って画像を投稿したら、数分後にその男性からLINE。
『女子会で話してるのって、俺とのことだよね? 諦めなくていいんだよね?』って。
そんなことで勘違いをされることにゾッとした」(20代・大学生)

SNSを利用している人が多数派であるこのご時世、とくに深い意味はなく文章・画像の発信をしてしまう女性も多いことでしょう。
しかし、中にはそんな深い意味はない文章・画像の発信に反応し、勘違いをしてしまう男性もいるのです。

好きな女性の発信を見逃したくないという男性の気持ちは、ときに大きな誤解をまねくということですね。


まとめ

「こちらは全く好きではない男性に、恋愛面で勘違いをされた」という経験がある女性は、意外と多くはありませんでした。
女性は、好意がない男性にはなるべく勘違いをさせないように振る舞う傾向があり、そして、たいていの男性は、好意がないと察してくれているのかもしれません。

勘違いをさせるつもりはなかったのに、男性側に勘違いをされてしまった場合は、女性側が悪いわけではないでしょう。
かといって、男性側が悪いともはっきりとは言えないだけに、困ってしまいますよね⋯⋯。

あまりにもひどい勘違いをされてしまった場合には、一人で抱えこまないようにしましょう。

(大久保 舞/ライター)

■男性に「なんだか気になる。好きかも」と思わせる質問とは?
■恋愛占い|今、あなたが異性を惹きつける魅力
■男性がノーマーク女子を意識するきっかけ!脈アリ女子になる秘訣

関連キーワード
体験談】の最新記事
  • 盛りすぎてポロリ! アラサー女子が夏の準備で失敗したエピソード
  • 結婚後に豹変! 亭主関白男に捕まってしまった女子エピソード6選
  • 「独身」生活から抜け出した女性 奇跡の恋愛体験!
  • もっといい関係を築くために! 20代の恋愛で学んで良かったこと
  • 結婚詐欺だけじゃない、愛の名の下に搾取する「恋愛詐欺」とは?
  • 思い出したくない…。お酒のいた~い失敗って?
  • 事故物件は実際どんな部屋?住んでみて分かったさまざまなデメリット!
  • びっくり! 勘違い男エピソード・3選