冷静になれなかったせいで彼氏や彼女を傷つけたり、すれ違いを生んでしまったりすることがあります。「恋は盲目」という言葉を聞くと、ダメ男・女に引っかかってしまったシチュエーションが思い浮かびがちですが、そうではないカップル間でも起こりえます。
 
「彼・彼女は自分にぞっこんだ」「こう思っているに違いない、自分は彼・彼女をわかっている」という思い込みを生んでしまうこともあるのです。そして、失敗して別れてしまった後に、「あのときはどうかしてた」とふと目が醒めることも。後悔しないために、人の失敗談から学んでおくと、違う結果に至ることがあるかもしれませんね。
 

1:とやかく言われるのが嫌で素直になれず…

 

「私がまだ22歳の頃の話です。当時は男女問わずいろんな友達と飲み歩いていたんです。そんな時に10歳年上の男性と知り合いその人のことが好きになったんです。その人の家に泊まることもあれば身体の関係もありました。
 
その人からはちゃんと付き合いたいから誰かれ構わず飲み歩くのをやめてちゃんと生活しろと言われていました。当時の私は人にとやかく嫌れることがとにかく嫌でその彼の言うことも聞きませんでした。だから好きなのにちゃんと付き合いもせずに言われることから逃げるように会わなくなったんです」(34歳/女性)

2:自分の特性を説明しなかったために誤解させ…

 

「格闘技マニアで、空手だけでなく居合や合気道、ムエタイ教室にも通ったことがあります。特に試合がある直前はピリピリしていて、男性に間合いを急に詰められると、とっさに距離をとり闘う体制になってしまいます。せっかくずっと片思いしていた相手が、間合いを詰めてきてくれたのに、条件反射でぴょんっと距離をとってしまい、さらに防御姿勢をとってしまいました。
 
もちろんかなり気まずい雰囲気に…。相手は申し訳なさそうに挨拶して去って行きました。誤解を与えないように格闘技マニアであることを先に説明しておけばよかったなと後悔しています」(37歳/女性)
 

3:のめり込みすぎて重いと言われ…

 

「恋多き女を自認する私としては、過去の恋愛なんて失敗しかないくらい恥ずかしい思い出のオンパレードですよ。好きになるとのめり込んじゃうタイプだから、相手には重すぎるって思われがちなんですよね。
 
でもいったん気持ちが高ぶると、なかなかセーブできなくて。趣味を作るとか、仕事に打ち込むとか、彼以外のことにも目を向けておくと、違ったかもしれませんね。一度重いと思われてしまうと、復縁とかも難しそうです……。でも、ちょっとずつ反省して、きっと前より恋愛上手になっているはず。ちゃんと失敗は反省して生かしたいです」(22歳/女性)

まとめ

 

コミュニケーションを取れなかったことによる後悔や、恋人の負担になってしまったことで振られた後悔など、恋愛における悩みは尽きません。後悔のないよう、交際中に気を使うことができたらいいですよね……。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■キュンとなる!男性が可愛いと感じた「彼女の失敗エピソード」
■男が思う…過去に戻って「やり直したい」恋愛失敗エピソード
■気のゆるみすぎ注意! 彼氏が実は感じている彼女への不満
 

体験談】の最新記事
  • やってしまった!バイト先でのやらかしエピソード5選
  • フラれるよりも悲惨、実は元々嫌われていた恋のエピソード
  • 恐怖体験!事故物件エピソード2
  • 恐怖体験!事故物件エピソード1
  • 新入社員の時に「こんな事やらかしました」暴露話5選
  • ドラマチックな恋に憧れた代償として支払ったものランキング
  • 次の恋に進めなくなる?音信不通で終わった恋の特有の悲しみとは
  • あのときはどうかしてたな……戻れるならやり直したい! 過去の恋愛の失敗談