ライターの大久保 舞です。
好きな男性に、全く相手にされない場合もあると思います。
そんなときに、ノーマークから大逆転をして、脈アリにさせるには、どうすればいいのでしょうか。

今回は、筆者の苦い経験と、筆者の元ライバルの成功例からお伝えしたいと思います。

焦ってアプローチをしすぎたり、告白をしたり、は絶対にNG


筆者が十代の頃、友達の友達として知り合った、当時アラサーの上田さん(仮名)という男性を好きになったことがありました。
上田さんは筆者に対して優しく接してはくれていたのですが、どう考えても「年下の友達」としてしか見てくれていないことが明白な状態。

どうすればいいのか分からなかった筆者は、上田さんのことをデートに誘ったり、プレゼントを渡したり⋯⋯最終的には、焦って告白をしました。
上田さんにはドン引きされた上に「正直言って、君のことを恋愛対象として見る可能性はないから」とまで言われてしまいました。

こうして、上田さんと筆者は、友人関係ですらなくなってしまったのです。
相手にあからさまに脈がないからと、焦ってアプローチをしすぎたり、告白をしたりするのは絶対にNGです。

ただ単に玉砕して終わり、という、悲しい結果になってしまいます。

ノーマークの状態からでも、逆転はありえる!


筆者と同じく、上田さんのことを好きな、私と同世代の共通の女友達のナナ(仮名)がいました。
上田さんは「俺は年下の子は無理だから」と公言していたので、ナナも最初は恋愛対象としては、上田さんに全く相手にされていませんでした。

それでもナナは、上田さんに対しても、他の男性に対しても、変わらない態度で接していました。
ときには上田さんが他の女性を好きになることもあったのですが、焦る筆者を尻目に、ナナは至って冷静。

そればかりか「上田さんみたいなステキな男性なら、きっと大丈夫ですよ」と、上田さんの恋の応援までするほど。
そんな「年齢差のある異性の友達」という関係でいた上田さんとナナ。
なんとこの二人は、ナナが成人してから付き合い、数年後に結婚したのです。

筆者とナナの明暗を分けたのは、いったいなんだったのでしょうか。
それはずばり「恋愛感情を相手には出さないこと」でした。

意外!? ノーマークだからこそ、恋愛感情を出さないことが大切だった


結婚の報告をナナからされて、びっくりして結婚までの経緯を聞いてみた筆者。
ナナは「上田さんに恋愛対象として相手にされていないことは分かっていたからこそ、恋愛感情は一切出さなかった」そうなのです。

友達として接していくうちに、徐々に仲良くなっていった二人。
ナナが成人してから、成人祝いとして上田さんと二人で飲みに行ったときに、上田さんのほうから告白されたとのことでした。

上田さんからの告白の言葉は「ナナは俺のこと、ただの男友達として見てるのは分かっているんだけれど、俺はナナのことが好きになってしまった」。
このとおり、ナナは付き合うまで、上田さんのことを好きな気持ちを上田さんには見せなかったのです。
だからこそ、上田さんもかえってナナの存在が気になり、追いかけたくなったのでしょう。

ナナは、自分が上田さんからノーマークであることを察し「こちらもノーマークなフリをして、最終的に追いかけさせる」という手段をとったわけです。
貴重な十代の数年間を上田さんを振り向かせるための期間に使ったナナ⋯⋯元ライバルながら、あっぱれです。

まとめ


ノーマークの場合、アプローチをする、告白をする、そういった積極的な形で好意を示す手段もあります。
しかし、それではとてもうまくいきそうにはない場合は、逆に「恋愛感情を全く出さない」という奥の手があったのです。

ここで気をつけたいのが「恋愛感情を出さない=失礼な態度をとる」ではないこと。
あくまでもお互いが楽しい時間をすごせるように親しくはなりながらも、恋愛感情は出さない⋯⋯こんな高度なテクニックになります。

どうしても諦めたくない好きな男性がいる読者の方は、試してみてはいかがでしょうか。

(大久保 舞/ライター)

■「一口ちょうだい」と言う彼、私に気があるの?…そうとは限りません!
■片思い占い|彼のあのLINE、脈アリと見ていい?【タロットカード】
■ノーマークから脈アリに逆転する恋愛テクニック

体験談】の最新記事
  • 友人・元カレ・同僚…などがサイコパスすぎて怖くなったエピソード5選
  • 【実録】危険!束縛する彼氏の異常な行動
  • 男性が遭遇! おそろしすぎるストーカー女のエピソード5選
  • 次の恋に進めなくなる?音信不通で終わった恋の特有の悲しみとは
  • 今思えばバカだった?恋に盲目だった赤裸々エピソード
  • 盛りすぎてポロリ! アラサー女子が夏の準備で失敗したエピソード
  • 結婚後に豹変! 亭主関白男に捕まってしまった女子エピソード6選
  • 「独身」生活から抜け出した女性 奇跡の恋愛体験!