相手のことはちゃんと好きなのに、わざとそっけない態度を取ってしまうことってありませんか?
俗にいう“ツンデレ”ですが(好きな相手に対して、わざと突き放すような態度を取ってしまう性格のこと)、この言葉はなにも10代〜20代の若い子だけに当てはまるものではありません。

アラサー女子といえども、あまりにツンケンした態度を取っていると「あれ?いつもと様子が違う……」と、男性陣から一歩距離を置かれてしまうことだって珍しくないのです。

そこで今回は、アラサー独女が彼の前でわざとそっけない態度を取ってしまったエピソードを調査してみました。

 

彼の前でわざとそっけない態度を取ってしまった体験談

 

●その1:わざとメールの返信を遅くした

「彼の気を引きたくて、わざとメールの返信を遅くしていたら『最近そっけないけど、俺なにかしたっけ?』と心配された。本当はメールをもらった直後、いつも悶えているのに……。悪いことをしちゃったなぁ、と反省しました」(30歳/派遣)

●その2:彼の手作り料理をわざと貶してしまった

「仕事が忙しい私を心配して、彼が手料理を振る舞ってくれました。それなのに、『もっと甘い方が好み』と、いらぬ注文をつけちゃって……。本音は『こんなに本格的な料理が出来るんだ!私より女子力たけえ!』と関心していたんですが。年齢を増すと、なかなか素直になれなくてダメですね」(31歳/小売)

●その3:人前でいちゃつけない

「デート中、彼から『もっとくっついて歩こうよ』といわれるけど、恥ずかしくてできない私。彼は彼で『俺と手を繋ぐのイヤ?』と積極的にアプローチしてくれるんですが、私より7歳も年下なので、どうしても周囲の目を気にしちゃいます……。できることなら、手も繋ぎたいし、ベタベタしたいんですけどね」(32歳/販売)

●その4:嫉妬を隠すためにわざと冷たくする

「職場の後輩と妙に親しげにしているので、年甲斐もなく彼に嫉妬。わざとつっけんどんな態度で接していたら、『お前ってわかりやすいな』と鼻で笑われてしまった。分かっているなら、そんなことするな!」(30歳/広告)

●その5:ほかの異性を勧める

「Sっ気がある私は、わざと彼の前で異性の話をするのが癖。通りすぎる男性を見ながら『ああいう男も悪くないかも』と、変に彼の心配をあおいじゃったりして(笑)おかげで彼が『え、俺と真逆じゃん……』と不安げな表情をするので、自分でも意地悪だなあ……と思うんですが。これがなかなかやめられません」(33歳/飲食)

 

ツンデレも大概にしないと彼から嫌われちゃうかも!?

 

どんなに仲のいいカップルでも、ツンデレは大概にしておかないと、彼から飽きられてしまいます。
度合いによっては、別れを切り出されることも……。

気分のムラは仕方ないとして、普段は素直に彼と接することを心がけたいですWritten by 柚木深つばさ
Photo by 峰子_Sam

体験談】の最新記事
  • 「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
  • ツンデレも大概に!わざとそっけない態度を取ってしまった体験談
  • 待ってました!やっと“モテ期”を実感したアラサー女子の体験談
  • せめて一言ほしかった!音信不通で恋が終わった経験談
  • バレンタインデー体験談から学ぶ、成功しやすい告白の方法8選
  • それは無理! それ以上恋が続けられなかったエピソード
  • 実際どんな感じ!? 外国人とセックスした女性の体験談3つ
  • 販売員は見た!プレゼントを確実ゲットする「魔性のおねだり女」
あなたへのおすすめ