結婚すると、男性の態度が変わるって話を聞きますよね。
 
結婚前と結婚後であなたへの態度が豹変するなんて考えただけでもおそろしいです。
 
「結婚前はそんな人じゃなかったのに!」と嘆く“亭主関白男”に捕まってしまった女性のエピソードをリサーチしてみました。

 

亭主関白男に捕まった女子のエピソード 結婚前はとっても優しい人だったのに!

 

 
結婚してみたら豹変、実は彼が亭主関白だった……という女性の声を集めてみました。
 

その1:突然休日の予定を変える夫  
「日曜の朝になっていきなり夫から『今日は大掃除だ』と言われました。買い物の予定やスポーツクラブの予定もあったのですが、『お前が普段からちゃんと掃除をしないからだ、俺が言うんだから大掃除しろ』と聞きません。しかたなくやり終えると『合格!』と嬉しそうなので許しちゃいます」(34歳/自営業)
 

その2:家事をしてくれなくなった夫  
「結婚前は一緒に家事をやっていました。そんな彼だから一緒にいたいと思って結婚したのですが、結婚後まもなく『家事は妻の役目』と言い出し、テレビを観るだけの人に。最初は騙されたと思ったけど、ズボラな私なので、この関係のほうが合っているのかも」(35歳/製造・メーカー)
 


その3:料理の味が悪いと食べてくれない夫  
「独身時代、私はあまり自炊をしていなかったのですが、結婚後専業主婦になり、いやでも料理をすることに。でも、味に満足がいかないと夫は『まずい』と食べてくれません。初めはつらかったのですが、見返してやろうとお料理教室に通い勉強。その甲斐あって、今はほめてくれるので、うれしい」(33歳/主婦)
 

その4:セックスの上手さを自慢してくる夫  
「なぜか結婚後、セックスの後に、『俺だから気持ちよくなるんだよ』的な上から発言をするようになりました。自分のセックスは他の誰よりも最高じゃないと気が済まないみたい。まあ、実際そうなのでなんとも言えませんが」(28歳/金融)
 

その5:「男っていうのは」が口癖な夫  
「結婚後いきなり『男というのは○○なもの』が口癖になっている夫。それを理由に家事・子育てを手伝ってくれず、付き合いの飲み会も仕事のうち、と帰りも遅いです。これからの生活に不安を抱いていたとき、夫の部下が酔いつぶれた彼を送り届けてくれました。そのとき部下の男の子が『いつも酔っぱらうとお嫁さんのことほめてますよ!』と教えてくれ、今までの努力が報われた気分に」(30歳/IT)
 

亭主関白男は女を成長させる?

 

結婚後の生活をどのようにしたいかは人それぞれ。
 
旦那さんを尻に敷きたいから亭主関白はイヤだという女性は、付き合っている時点での彼の挙動に注意するべきでしょう。
 
ただ、聞いたエピソードからうかがえたのは、意外にも女性から亭主関白男へのほめ言葉。
 
真の亭主関白は、ちゃんと妻を愛したうえでの言動ができるいい男なのかもしれませんね。
 
やたら妻を責めたり、当たったりするのはただのモラハラ男。
 
そんな勘違い亭主関白男に捕まらないよう、ご注意ください。
 
Written by 松原美穂
 
■モラハラ男に支配されないために⋯モラハラ男の意外な見分け方
■夫婦の占い|夫婦喧嘩をしないために注意すべき点はコレ!
■モラハラ夫になる可能性の高い男性を見抜く方法
 

公開日:2013年3月20日
更新日:2018年10月25日

関連キーワード
体験談】の最新記事
  • 今思えばバカだった?恋に盲目だった赤裸々エピソード
  • 盛りすぎてポロリ! アラサー女子が夏の準備で失敗したエピソード
  • 結婚後に豹変! 亭主関白男に捕まってしまった女子エピソード6選
  • 「独身」生活から抜け出した女性 奇跡の恋愛体験!
  • もっといい関係を築くために! 20代の恋愛で学んで良かったこと
  • 結婚詐欺だけじゃない、愛の名の下に搾取する「恋愛詐欺」とは?
  • 思い出したくない…。お酒のいた~い失敗って?
  • 事故物件は実際どんな部屋?住んでみて分かったさまざまなデメリット!