今年もクリスマスが終わった。
例年通り、今年もクリスマス直前は、街はプレゼント商戦でにぎわっていた。

 

クリスマスプレゼントは?

 

某ブランドのショップスタッフである筆者の知人は、毎年生々しい人間模様を目にするという。
クリスマスプレゼントにまつわる「魔性のおねだり女」のエピソードをご紹介しよう。

その1:完璧な下見のおねだり女
12月に入り、たびたび来店する女性がいた。お目当ては新作のバッグだが購入はしない様子。
何度目かの来店で「あの、これ取り置きにしてほしいんですけど、明日の12時になったら棚に出しておいてもらえませんか?」と相談を受けた。
翌日、女性は彼氏らしき人物とご来店。迷わずそのバッグを手に取り、鏡の前でポージングすること数分。
その間、鏡越しにちらちらと彼氏に視線をおくる……。またおくる……。店員にもおくる……「この新作バッグ、それがラストなんですよ」と声をかける店員。
彼氏がようやく財布を出したとき、このやたら無口なオンナはうつむき加減にほほえんだ。
念入りな下見から計画を立てていたであろう、「無言のおねだりテク」には脱帽だった。

その2:容赦ない鬼の返品女
クリスマスイブ前日、ショップの前でもじもじしていた男性客。どうやら彼女へ、奮発してプレゼントを購入したいらしい。
そんな男性客と一緒に悩みながら、1日かけてプレゼントを選んだ。
心温まったのもつかのま。クリスマスの翌日、男性客が買った商品とそのレシートを持って現れた女性客。
「これ、先日購入したんですけど、まだ返品できますよね?」
彼氏の真心を金に変える「鬼の返品女」であった。
しかもプレゼントのレシートまで提出させるとは、男のほうも付き合いを考え直したほうがいい。

その3:同伴おねだり女
クリスマス当日、艶っぽい中年カップルが来店した。
女性は言われるままに洋服を試着している。きっちり全身コーディネートで。
「値札を切ってやって」男性はドヤ顔でキャッシュカードをだしている。
うなじの下の値札を切りながら、販売員は気づいた。
このオンナいつのまにか髪をアップにしてやがる!!
最初に着てきたややダサの私服も、「おねだりテク」のひとつだったにちがいない。

プレゼントをうまく買わせるオンナの共通項は口数が少なく、男性に「オレの意思で買っている」と錯覚させているところだろう。
男性は女性の意のままに動かされているだけなのだ。

来年のクリスマスこそはこの「おねだりテク」を参考にして、ぜひ目当てのプレゼントをゲットしてみてはいかがだろうか。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by reinn

体験談】の最新記事
  • 「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
  • ツンデレも大概に!わざとそっけない態度を取ってしまった体験談
  • 待ってました!やっと“モテ期”を実感したアラサー女子の体験談
  • せめて一言ほしかった!音信不通で恋が終わった経験談
  • バレンタインデー体験談から学ぶ、成功しやすい告白の方法8選
  • それは無理! それ以上恋が続けられなかったエピソード
  • 実際どんな感じ!? 外国人とセックスした女性の体験談3つ
  • 販売員は見た!プレゼントを確実ゲットする「魔性のおねだり女」
あなたへのおすすめ