男性の皆さんは、AVを見たことがないという人の方が少ないと思いますが、VRAVをまだ見たことがないという人は多いのではないでしょうか?
 
今回は、進化したAVであるVRAVとはどういったものか、簡単に解説していきます。
 

VRAVとは?

 
VRAVとは、VRを使ったAVのことです。
 
VRとは、ヴァーチャル・リアリティ、つまり仮想現実のこと。VRのゴーグルなどを取り付ければ、そこに仮想現実が広がっている、というわけです。
 
近年、VRを使ったアトラクションなどが遊園地や商業施設などに入っていることも多いため、一度はVRを体験したことがある、という方も多いでしょう。
 
VRを使えば、仮想の世界により入り込むことができますから、このVRの技術をAV業界が見逃すはずはありません。VRが登場した当初から、AVにVRを取り入れたらどんなすごいことになるのか! と期待する声が各所から聞こえました。
 
実際、現在、VRを取り入れたAVやアダルトまがいのゲーム(女子高生の塾講師になれる、など)は既にたくさん発売されています。

VRAVを使うとどんな体験ができる?

 
VRAVのすごいところは、やはり「自分視点」で楽しめる点です。
 
たとえば、これまで、男女のセックスシーンを、視聴者は側から眺めることしかできませんでした。そのめ、男優の顔が映ると感情移入できなくて萎える、という男性の声も多数聞かれたわけです。ですが、RVAVなら、自分視点で体験できるため、男優の顔が映ることは絶対にありません。そのため、よりリアルな体験ができるのです。女優が自分の顔を覗き込んだり、自分でしゃがんでスカートのなかを見たり、なんてことも可能です。
 
VRAVを利用すると「よりリアルに女性とセックス している感」「見る、というより体験している感」が味わえるのです。
 

女性のためのVRAVはある?

 
しかし、残念ながら女性向けのVRAVは、かなり少数です。
 
AVはそもそも男性のためのものでした。昨今は女性向けのものもありますが、ごくわずかです。VRAVについても、その数やクオリティは男女で大きな差があります。
 
これはなぜでしょうか?
 
それは、AV業界を牛耳っている人のほとんどが男性だから、という点が一番大きいでしょう。それに加えて、女性はAVを見ないことになっている、女性の性欲は男性の性欲に比べて少ないことになっている、女性は性欲があると言いにくい社会である、など様々な理由が考えられます。
 
今も昔も、男性の性欲を満たすサービス(風俗やAV)は全国的に普及していますが、女性の性欲を満たすサービスは少数です。そういう非対称な世界に私たちは生きています。

VRAVの今後とは?

 
今後も、男性向けのVRAVはますます進化していくことでしょう。
 
では、女性向けのVRAVはどうでしょうか?
 
多様化が進んでいる現代ですから、女性向けのVRAVが進化していく可能性はあります。進化のスピードは未知数です。
 
これまで一度もVRを体験したことがない、という方は、まずは商業施設に入っているVR体験をしてみてはいかがでしょうか? 一度VRの世界に触れたら、エロの分野のVRも体験してみたい! という気持ちが高まるかもしれませんよ。
 
(今来 今/ライター)
 
■女性にもVRAV(VRを使ったアダルと動画)はおすすめできる?
■AVとセックスは違う!「AVを見すぎた男性」の調教方法
■元風俗嬢が見た!「おもしろAV」
 

pickup!
エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選