最近、特撮番組の女性ファンも増えています。
このファンの流れって面白いもので、本来はこどものためのコンテンツ。
 
それが成人した男性ファン(いわゆるオタクですね)のハートをキャッチして、成人を対象にした金額設定のグッズも多数販売されるようになりました。
そして今では、特撮ファンの女性もそこそこ目に付くようになっています。
 
『ウルトラマン』シリーズもここ10年ぐらいで一気に女性ファンが増えてきたように感じるところです。
その理由はキャストにイケメンを起用したり、ウルトラマンに人気声優を使うなど、女性からも認知されるための制作努力があるわけですが、何も最近の作品だから人気というわけでもありません。
 
半世紀にも渡って展開されてきたシリーズの中には、時代背景関係なく女性ウケがいい作品もあります。
今回はそれらの中から、女性に是非一度観てもらいたい作品を紹介していきたいと思います。
 

怪獣を殺さないイケメンウルトラマン、エックス

 
筆者は自分で粘土から怪獣人形を自作するレベルの、筋金入りの特撮オタクです。
ウルトラシリーズも物心がついてから今にいたるまでずっと追い続けているのですが、そういう人間なので「どれがオススメ?」と聞かれることはたまにあります。
 
特に女性からこの手の質問をされると答えに窮する部分もあるのですが、消去法で考えるのは「残酷じゃない」作風。
その上で主演がイケメンで、ウルトラマンの声優も人気者であるかどうかも加味して考えます。
 
それらにしっかり合致しているのが『ウルトラマンX(エックス)』という作品です。
 
2015年放映のこの作品は、2クール24話で完結するため、視聴に時間もさほどかかりません。
主演は高橋健介さん。フリーで活動する俳優ですが、あっさりとした顔立ちで癖がなく、印象の良いイケメンです。
 
ウルトラマンエックスの声を担当するのは人気声優の中村悠一さん。
劇中では高橋さんと中村さんの掛け合いもしょっちゅう描写されるので、イケメン同士の会話シーンは盛りだくさんとなります。
 
脇を固めるその他のキャストも、ドラマや映画で活躍する方々が多いので、割とドラマ部分もしっかりしています。
 
何より印象的なのは、悪意のない怪獣を殺さないという点ですね。
殺すのではなく、共存の道を探すというのがテーマでもあるため、この辺りも安心して楽しめる王道のウルトラマンでしょう。

ウルトラマンタロウは抑えておきたい娯楽作品

 
次にオススメしたいのが、1974年放送の『ウルトラマンタロウ』です。
ウルトラシリーズの中でも随一に明るい作風で、防衛隊メンバーはみんな仲良し。高所から民間人が落下しても「いてて」で済ませるなど、単純にコメディドラマとして楽しめます。
 
さらに、登場する怪獣も鳴き声が人間の笑い声そのままだったり、餅が食べたくて新潟を襲ったり、倒されると大量のマツタケになるなど、ほとんどやりたい放題。
 
何より主演の篠田三郎さんがあまりに笑顔がまぶしいイケメンなので、観ていて全く飽きません。
 
そして時折織り込まれる、当時の社会背景(核実験、捨て子、誘拐や戦災孤児など)を題材にしたシナリオも完成度が高く、思わず唸るものばかり。
全53話と話数が多いので視聴は大変ですが、1話だけでもいいので観てもらえると嬉しいですね。
 

シリーズは観るのも大変!だったら劇場版のこれだけ観ておこう

 
まあ、なんだかんだウルトラシリーズって相当な数の作品があるのですがいずれも基本的に2クールか4クール構成。
つまり24話から50話はあるわけで、そうなるとなかなか「全部観て」とは言いにくいところではあります。
 
そこで気軽に観られる劇場版をオススメしましょう。
中でも一押しなのが、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』という作品。
1時間半の尺ですので、これなら観るのもそこまで億劫ではないでしょう。
 
本作にはウルトラマンゼロというウルトラマンが登場し、その声を人気声優の宮野真守さんが担当しています。
かなり熱の入った演技をしているので必見です。
 
ウルトラマンゼロはこの初登場以降、数多くの作品にもゲスト出演することになります。
そういう意味ではまずこの映画を観て、気に入ったら他の出演作品を追いかけるのも悪くないかもしれませんね。
 
ちなみに本作で敵の声を担当するのは、お笑い芸人の宮迫博之さん。
彼の担当する声の演技がかなりハマっているので、これも一つの見どころです。
 

おわりに

 
と、こんな感じで色々とオススメしていったわけですが、この意見はあくまでも参考程度に留めてもらうのが一番いいかもしれません。
ちょっとでもウルトラマンに興味を持っている方に対しては「まず自分が気になった作品を試しに視聴してみること」を、なんだかんだオススメしたいというのが本音です。
 
やっぱり肌に合うかどうかは、自分の感性で実感するのが一番ですからね。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■今のウルトラマンは「中身」が違う?ウルトラマンが女性に注目される理由
■早起きはイケメンの得!特撮ヒーロー出身のイケメン俳優18選
■これが本物のヒーローだ!カッコよすぎる支援活動をした5人の男
 

エンタメ】の最新記事
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選
  • 今のウルトラマンは「中身」が違う?ウルトラマンが女性に注目される理由
  • 道重さゆみに学ぶ!常に可愛さのピークを更新する方法
  • レズビアンの恋愛を描いた“バッドエンドにならない”作品7本紹介! 映画編