今も昔も、テレビをつければCMが無数に流れています。
このCM(コマーシャルメッセージ)の意図するところは、商業用の伝言メッセージをテレビ視聴者に伝えるというものであることは、みなさんとっくにご存じでしょう。
通常15秒程度、ときには30秒以上の尺の中で、企業の商品をマーケティングする重要な使命を持っているのがCM。
普段何気なく目にしているCMにも、提示する側の必死の努力があるわけですね。

CMって、ユニークなものもあれば、印象が薄いものもあります。
ただどんなCMも、ある程度の期間を過ぎれば放送されなくなってしまいますよね。
そして時には、すでにテレビで流れることはなくなったものの、長い間視聴者の記憶に残るものもあるわけです。

そこで今回は、今はもうオンタイムで流れることもなくなったものの、印象的ななつかしいCMについて、いくつか一緒に振り返っていきましょう。

JR東海「クリスマス・エクスプレス」


まずは1988年から1992年の間に展開されていた、東海道新幹線の期間限定CMから触れていきたいと思います。
山下達郎さんの名曲「クリスマス・イブ」をバックに、新幹線のホームなどでドラマ性のある男女の邂逅(かいこう)を描いたCMといえば、覚えがあるという方もいらっしゃるはず。

このCMは評判も良かったようでシリーズ化ののちも各種メディアで話題になることもありました。
また、2000年には同様のテーマでリバイバルもされていたようです。

CMの締めでは曲が止まって綺麗な女性の声で「JR東海」というフレーズが入るため、この部分にも強い印象が残り、CMとして成功する一つのポイントになったとも考えられますね。
【参考】https://www.youtube.com/watch?v=XbtF8MQsRZM

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • 【12星座別】12月のガチャ運!
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力