網野新花です。

誰にも1つや2つはあるトラウマ。そのトラウマに引きずられて、なかなか恋愛できないという人も多いのではないでしょうか。

今回はNetflixで好評配信中の『REA(L)OVE』から、過去とうまく付き合いながら恋愛する方法を見ていきましょう。

Netflixで配信中『REA(L)OVE』って?


『REA(L)OVE』は、なかなか他人には言えない過去を抱え、恋愛に対して後ろ向きな男女18人が田村淳と矢口真里がサポートしながら、恋をしていく番組です。

番組が進むにつれ参加者の黒い過去が明らかになっていき、恋愛ドキュメントから人間ドラマへと様相を変えていきます。

果たして参加者は真実の愛にたどり着けるのでしょうか?参加者の傷を推測するのも面白いですよ。

人間不信は早めに治そう


リアルラブでは、ニノ宮旬という男性が登場します。

ニノ宮旬は34歳のIT企業の役員、年収1,000万円超えで、普通に考えれば”ハイスペック男子”に当たります。

今回はとある出来事がきっかけで人間不信になってしまい、それが傷となって、満足のいく恋ができなくなったことから、応募してきました。

人間不信なこともあり、高スペックさを持て余すかのようにあまりグイグイいけず、女子からあまり印象を持たれないポジションにいました。

人間不信だと、いくらモテても相手を信じられず、前に進めません。なので傷が何であれ、人間不信は早めに治したほうが恋ができるようになります。

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • 【12星座別】12月のガチャ運!
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力