Aの女/島原智美(28):都合のいい女


5年間も「伊藤くん」を想いつづけても、振り向いてもらえないどころかぞんざいに扱われる。美人なのに、自らの魅力を使いこなせない女。

≪教訓≫
“いい片想い”は人を成長させますが、“残念な片想い”は人の魅力をすり減らす。定期的に「この片想いは幸せか」と自問自答しよう。

Bの女/野瀬修子(24):殻に閉じこもる女


「伊藤くん」にストーカーまがいの好意を持たれる。恋愛に興味がないのに男に付きまとわれるため、自らの殻に閉じこもる女。

≪教訓≫
男心への疎さが、ストーカー男を助長させる。男嫌いの悪循環にはまり、「今は恋愛に興味がない」と言い張って気づけばアラサーに。男を見る目を養わないまま、結婚相手を見誤らないようにしたい。

Cの女/相田聡子(23):愛されたい女


親友であるDの女が長年片想いをする相手、「伊藤くん」を寝取る。心を埋めるために親友すら裏切る女。

≪教訓≫
体の安売りをつづけ、自らに価値を見いだせないまま年齢を重ねる。自己嫌悪と虚栄心から逃れられず、性格がひねくれていく。本当の恋を遠ざけている自分の弱さと向き合ってほしい。

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • ネガティブなイケメンモデル栗原類が根暗なのに好感度が高い理由
  • 60億円稼いだトム・クルーズに学ぶ、慰謝料を安く抑える方法
  • 怖いけど興味深い……幽体離脱は科学的に体験できることが発覚!
  • Netflixで配信中!『REA(L)OVE』から見る過去と上手に付き合って恋愛する方法
  • 週末は渋谷で女子会!JOYSOUND×Netflixのコラボルームがオープン
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」最終回ドラマレビュー
  • 胸くそ悪いけど、なぜか癖になる…後味悪い結末が待つ映画3選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー