「宝くじで一億円あたったら、その後の人生楽勝になるだろうな」
なんて思っていませんか?

今回ご紹介するのは、4月23日(月)に始まるドラマ『○○な人の末路』(日本テレビ)の原作本、『宝くじで一億円当たった人の末路』(日経BP社)です。

本書は、宝くじで一億円あてちゃった人や、友達がひとりもいない人、事故物件を借りちゃった人など、行く末が気になりすぎる人たちの末路を専門家が解説している一冊です。

「末路」と聞くとなんだか、破滅的な終わりがきそうでビビっちゃいますが、実際に読んでみると、意外にも読後感はとても爽やかでした。

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力
  • ネガティブなイケメンモデル栗原類が根暗なのに好感度が高い理由