2018年6月4日(月)深夜、Kis-My-Ft2(以下キスマイ)「舞祭組(ブサイク)」の横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永、4人が主演を務めるドラマ『○○な人の末路』 (日テレ)第七回が放送されました。

今回は第七回のドラマの見どころをご紹介します。

キスマイ主演連ドラ『○○な人の末路』 第七回の放送内容 自分を探し続けた人の末路


第七回でフューチャーされたのは、仮想通貨で1億円を手に入れたサラリーマン戸塚賢太(横尾渉)の婚約者・長尾千枝(小島藤子)。

かつては質素な暮らしをしていて、回転寿司でのデートも楽しめていた千枝でしたが、賢太が1億手に入れたことをきっかけに欲望に火がつき、ブランドバックを買ってもらったり、高級レストランに連れて行ってもらったりすることに喜びを感じるようになります。

賢太は大金を手に入れたことをきっかけに、優しかった両親から金を無心されるようになり、うんざりしていたこともあって、千枝の変貌にショックを受けます。

「千枝だけは変わらないでいて欲しかった」という賢太に、千枝は、自分には500万円の借金がある、と打ち明けます。

千枝は学生時代、バックパッカーとして世界中を旅する、いわゆる「自分探しが好きな人」でした。その旅行代金が500万の借金に膨れ上がっていたというのです。帰国するタイミングが遅かったため、新卒採用に間に合わず、就職活動も難航し、現在は派遣社員。千枝は、「今のお給料では、完済するまでに時間はかかってしまうけど、借金を返し終わってから結婚しよう」としおらしく提案します。

「世界中旅したけど、結局自分なんて見つからなかった。私の居場所は、賢太のそばなんだって思う」という言葉に胸を打たれた賢太は「借金は俺が払うから、すぐに結婚しよう」と、千枝の借金を肩代わりする決意をします。

どうせ結婚するんだから、という気持ちで、500万を千枝の口座に振り込んだ賢太は、これで一件落着だと考えていました。しかし、お金を振り込んだ直後、千枝から思わぬ電話がかかってきます。

「自分を探していて、やっと見つけた気がする。中の上の生活を味わってみて気がついた。私が欲しかったのは、お金に困らない生活なんだって。お金、ありがとう。ごめんね」

千枝は、賢太が来年には仮想通貨で儲けた1億分の税金5千万を支払わなければならないことを知り、ぜいたくできない人とは結婚したくないという自分の気持ちに気がついたのです。

千枝は、自分探しをやめ、今度はお金をたくさん持っている別の男性を、探し続けることになるのでした。

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • 週末は渋谷で女子会!JOYSOUND×Netflixのコラボルームがオープン
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」最終回ドラマレビュー
  • 胸くそ悪いけど、なぜか癖になる…後味悪い結末が待つ映画3選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー
  • もうすぐW杯! 日本戦でおさえておきたい注目イケメン9選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第八回ドラマレビュー 
  • なつかしい…!今はなき化石CM、あなたはいくつ覚えてる?
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第七回ドラマレビュー