2018年5月14日(月)深夜、Kis-My-Ft2(以下キスマイ)「舞祭組(ブサイク)」の横尾渉・宮田俊哉・二階堂高嗣・千賀健永、4人が主演を務めるドラマ『○○な人の末路』 (日テレ)第四回が放送されました。

今回は第四回のドラマの見どころをご紹介します。

キスマイ主演連ドラ『○○な人の末路』 第四回の放送内容 疲れたから田舎に引っ越した男


第四回でフューチャーされたのは、二階堂高嗣が演じる田舎に移住を決意した広告デザイナー・萩原利樹。

利樹は、多忙な仕事に忙殺され、娘や妻との時間が全くとれないことに嫌気がさし、都会の暮らしを捨て田舎に移住することを決意します。

幸い、パソコンひとつあればどこでもできる仕事をしていたため、移住はあっさり決定。夢の田舎暮らしをスタートさせます。豆からコーヒーを丁寧に入れたり、妻の手作りシフォンケーキを味わったり、都会では住めない大きな家に住めたり、最初はいいことずくめかのように感じていたのですが、すぐに田舎暮らしは自分が夢見た通りにはいかないと気がつきます。

田舎での生活を始めてすぐに、村の住人が私生活にずかずか入ってくるようになったのです。町内会の集まりや、牛の世話などに半強制的に参加させられるようになり、仕事以外にしなければならないことが増えていき、のんびりどころか、ますます忙しくなっていったのです。

利樹は次第に、「疲れたから田舎に来たのに、疲れた」「なんのために田舎に来たんだろう。のんびりしにきたのに、気を使ってばかり」「俺の居場所ってどこなんだろう」と田舎に来た意味を見失っていきます。

田舎暮らしの悪いところばかりが目につき、ストレスだらけになっていた利樹でしたが、村の住民に依頼されて、やけくそで作ったアートが村の人々から大喜びされたことをきっかけに、「濃密な人とのつながりも悪くないかも」と思うようになります。

ラスト、利樹は、最初は拒否反応を示していた「村に伝わる謎の踊り」に自ら参加します。自分の居場所がどこかは分からないけれど、しばらくはここを自分の居場所にしてみよう、と決意したのでした。

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • 週末は渋谷で女子会!JOYSOUND×Netflixのコラボルームがオープン
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」最終回ドラマレビュー
  • 胸くそ悪いけど、なぜか癖になる…後味悪い結末が待つ映画3選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー
  • もうすぐW杯! 日本戦でおさえておきたい注目イケメン9選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第八回ドラマレビュー 
  • なつかしい…!今はなき化石CM、あなたはいくつ覚えてる?
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第七回ドラマレビュー