みなさんは、映画は好きですか?
筆者は大好きです。
特に「これ!」というジャンルの好みはなく、満遍なく見ています。

よくネット上のキュレーションサイトなんかを見てみますと、「恋するあなたに送る、名作恋愛映画ベスト3!」みたいなコラムを見かけることがあります。
アレ、非常にいいですよね。
でも、感動系、恋愛系ばかり目立っていて、他のジャンルってまだそんなに多く紹介されていません。

そこで今回は、テーマは後味の悪い結末が待っている映画を紹介します!

ミスト(2007年)


スリラーホラーの大家、スティーブン・キングの原作小説を元に2007年にアメリカで公開されたSFホラー「ミスト」。
霧に覆われた街で次々に起きる奇怪な事件と、極限の状況に際して徐々に追い詰められる人々の様子を丁寧に描いた名作です。

後味が悪い映画といえばすぐに「ミスト」を想起してしまう人も、結構多いかもしれません。
それほどに後味が悪いエンディングが待ち受けています。

人間社会の秩序の崩壊、霧から次々に襲来する正体不明の怪物、助けもこない篭城戦と、その局面から決死からの脱出劇と、終始見ていて心臓が痛くなる思いをする作品です。
こういう作風の映画なので、オチについても「普通はそんな終わり方しないでしょ」と思えるような顛末が待ち受けています。

原作を超えたバットエンドを、ぜひとも見ていただきたい1本です。

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • 【12星座別】12月のガチャ運!
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力