今、私たちの生活にはエロがあふれています。
スマホで検索すればすぐアダルト動画にヒットしてしまいますし、そのせいでうかつに電車の中なんかでSNSも開けません(フォロワーがエロ画像をシェアしたりすることもあるので)。
 
技術の進歩で私たちの生活は便利になり、さらにエロにも不自由しなくなったと言えるでしょう。
 
でも、これって不幸なことだと思うんですよね。
エロは隠されているもの、基本的に接する機会がないもの。だからこそ素敵なものという側面もあったと思うんです。
 
今回は今よりたかだか10年かそこら以前にはまだまかり通っていた、昔のエロメディアのおくゆかしさについて、男性としての視点から振り返ってみたいと思います。
 

昔、エロメディアとの出会いは河原にあった

 

僕らアラフォー世代にとって、エロメディアとの出会いってのはそれこそ、10代の多感な時期にはそこまで多くありませんでした。
既にガラケーは台頭してましたが、これを用いてエロ動画にたどり着くにはまだまだ技術面が追い付いていない時代でしたね。
 
しかしこのぐらいの時期には、なぜか全国的にエロ本が河川敷に落ちているというケースが珍しくなかったんです。
恐らく前の持ち主が捨てるに捨てられず不法投棄したんでしょう。
そのため、僕もそうでしたが仲間内で連れ立って河川敷のエロ探索をしたという経験を持つ男性は結構います。
 
また、そういうことをしていなくても、同世代かそれ以上の年代の男性は「たしかに河川敷にエロ本落ちてたね」みたいな感じで賛同してくれるんですよね。
 
今はそもそも多くの河川が護岸工事の名目で草むらなんかも減ってるので遺棄しにくくなっているためか、もうほとんどエロの落とし物を見かけることはなくなりました。
それはそれで寂しいものですが、まあ今時エロ本なんて買う人もそうそういないので当然の結果ですね。

深夜帯の番組のエロは貴重な栄養源だった

 

今のように誰もがエロに触れられるわけでもなかった時代。
特にティーンエイジャーは動くエロに渇望していました。
 
エロ本は河川敷でなんぼでも調達できても、AVまではなかなか手に入らないということが珍しくなかったわけですね。
そこで目をつけていたのが、深夜帯に放送されるちょっとエッチな番組でした。
 
今ではコンプライアンスに抵触して放送できないような内容の番組も、結構2000年代の前半まではお目にかかることってあったんです。
それを狙って、まさに血眼になって夜更かしをしている同級生も大勢いました。
エロって、すさまじいエネルギーを生みますよね。こんな非効率的なことをしていたなんて。
 

コンビニのエロ本、役割はほぼ終わってもまだ消えない訳

 

そうそう、スマホ登場以前の男性が恐らくもっともエロを意識していたケースって、コンビニの書籍コーナーではないでしょうか。
未だに陳列しているお店もありますが、全国的にはこの手のジャンルの本は置かないような方向に動きつつあるみたいですね。
特に今年はオリンピックが東京で開催されるという予定になってるので、都市部では撤去も進んでいるようです。
 
でも、どうしたことか根絶には至っていません。
もうすでに書籍でエロをチャージする時代ではないのに。
 
これ、近しい編集者に話を聞いたんですが、要はスマホも持っておらず、インターネットも触れない層への配慮、お慰みという側面もあるようです。
恐らく高齢者を指しているんだと思いますが、悲しいことに人は死ぬまである程度の性欲を持ち続けるみたいですので、エロへの道のりを絶たれるのもそれはそれで地獄。
だから未だにコンビニで完全にエロ本がなくなることはないのだと。
 
信じるか信じないかは、あなた次第です!

おわりに

 

ということで今回は、いち男性の視点から、オールドメディアのエロのおくゆかしさ……というか希少性ですね。
このことについて振り返っていきました。
 
今はもう、書店やコンビニで意を決してエロ本をレジに持っていく未成年の男子なんてそうそう見かけなくなってしまいました。でも、昔は結構いたんです。
そういう勇気もない子は、一人で河川敷探索をしてみたり。
 
古き良き、エロへの探求時代でございました。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■ドキドキが止まらない!「エロい和歌」5選
■なぜか見つけてしまう…男たちが知恵を絞ったAVの隠し場所5選
■通勤中に官能小説!? 女性向けエッチメディアが流行中!
 

pickup!
エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選