ジャスティン・ビーバーに新たな恋人が出来たようだ。

 

セレーナ・ゴメスとの恋愛で傷跡を負った

 

2011年から2014年に間に何度も破局復縁を繰り返していた元恋人セレーナ・ゴメスとの恋愛で受けた深い傷跡や、恋愛関係におけるさまざまなシチュエーションでセレーナの反応などの経験から、今でも新しい恋人との関係の中で臆病になってしまうことがあるとジャスティン自らがコンプレックス誌のインタビューの中で明かした。

これからの新たな恋愛において、セレーナとの恋愛と比べてしまうことはあると思うかどうかという質問に対しジャスティンは「そうだろうね。いくつかのことでは傷跡を負ったからね。今デートしている子がいるんだけどさ、僕がある特定のことを言ったり、やったりすることに対して臆病になってても、実際に言ってみたら何の問題でもなかったなんてことがあるんだよ」「うまくいかなかったことはずっと忘れられないんだ。過去の恋愛の中で恋人を怒らせたようなことってやらないよね。でも新しい恋人にとっては『それがどうしたの?』って感じだったりもするんだ」と語る。

さらにジャスティンはセレーナと一緒に暮らしていたことを明かし、同棲中に激しい喧嘩をすることも多くそれが破局の原因になったと考えているようで「18歳の時に彼女と一緒に暮らし始めたんだ。自分の人生を彼女と一緒にスタートしたんだ。結婚みたいな感じだったね」「ただ女の子と一緒に暮らすにはちょっと若すぎたかな。でも僕たちはとても愛し合っていたんだ。だからそれ以外のことは何も気にしなかったんだよ」「お互いのすべてだったんだ。でもそういう関係になって自分の価値をそこに見出そうとしてしまうと、がっかりするような結果に襲われるんだよ。彼女であろうが彼氏であろうが、いつもがっかりさせられるようになるんだよ」「自分のアイデンティティーを完全に誰かに見出すことはできないんだ。でも当時は僕のアイデンティティーは彼女の中にあって、彼女のアイデンティティーは僕の中にあった」「だから喧嘩になったときに僕は正気を失ってしまっていたし、彼女もそうだったんだ。そして大喧嘩になるんだよ。だって僕らはお互いにとても深く入り込んでいたからね」と語っている。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選