エマ・トンプソンがディズニーの実写版『美女と野獣』でポット夫人役を演じることになった。

 

ベル役はエマ・ワトソン

 

1991年作のオリジナルアニメーション作品でアンジェラ・ランズベリーが声優を担当していた同役をトンプソンが演じることになったほか、ベルの父親モーリス役をケヴィン・クラインが演じるのではないかとささやかれている。

さらにディズニーは同作にオリジナル作品からの曲はもちろんのこと、作曲家アラン・メンケンとハワード・アッシュマンによって作られた新しい曲も登場することを明らかにしている。

一方で先日、エマ・ワトソンは同作の中でヒロインのベル役を演じることを自身のフェイスブックページでファンたちに明かしており、すでに撮影に向けて歌のレッスンをスタートさせたことや子供のころから大好きだったというこの作品へ出演することになった喜びの気持ちを語っていた。

 

関連コラム

 

別れた彼ともう一度やり直したい!復縁を成就させる方法とは?
イケない関係から相手を本気にさせた女性の行動とは?
自分とは釣り合わない?魅力的な彼と付き合うために
憧れの彼を自分のもとへ引き寄せる方法とは?
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー
  • もうすぐW杯! 日本戦でおさえておきたい注目イケメン9選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第八回ドラマレビュー 
  • なつかしい…!今はなき化石CM、あなたはいくつ覚えてる?
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第七回ドラマレビュー
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第六回ドラマレビュー
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第五回ドラマレビュー 
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第四回ドラマレビュー