ロバート・デ・ニーロが640万ドル(約7億6000万円)の租税先取特権を受けた。

 

昨年一軒家へと引っ越し

 

ザ・スモーキング・ガンのウェブサイトが入手したニューヨーク市の書類によれば、デ・ニーロは国税庁から合計641万449ドルの支払いを求められているという。推定資産2億万ドル(約239億円)とされるデ・ニーロは、投資目的で購入したと言われているトライベッカのハドソン・ストリートにある物件に向けてその先取特権を受け取ったようだ。ロンドン、ロサンゼルス、レストランのノブ、トライベッカ・グリル、ザ・グリニッジ・ホテルなども所有するデ・ニーロは、税金の支払いを確実にするために物件に対して発行される、または所得税をはじめとする税金の支払いを怠った場合に課されるこの先取特権を昨年11月に財務省が行った査定の結果、発行されたようだ。

デ・ニーロと妻グレイス・ハイタワーは、家賃が月12万5000ドル(約1490万円)というニューヨークで最も高級な賃貸物件から昨年に市内の一軒家へと引っ越していた。夫妻は2012年に自宅マンションにおける火事でホームレスになってしまったこともある。

 

関連コラム

 

彼が浮気をしているかも…と思った時、まずするべきこととは?
3年越しの恋愛を見事叶えた…ある意外なテクニックとは?
ハードルの高い「ハイスペック男」と結ばれる秘訣とは?
最後の彼にしたい!恋愛を長続きさせる方法とは?
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力
  • ネガティブなイケメンモデル栗原類が根暗なのに好感度が高い理由