『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』がマレーシアで上映禁止になった。

 

通常の性的描写ではないものを含む

 

マレーシアの検閲局が同作を「映画というよりもポルノのようだ」と判断したことによって同国全土において上映を禁止したのだという。同国検閲局局長は「通常の性的描写ではないものを含むという点からこの映画の上映禁止の決断を検閲局は下しました」「女性がベッドに縛り付けられたり折檻されたりするシーンなどこの映画の性描写は、加虐的な部分を多く含んでいます」とその経緯を説明する。

ちなみに同作の鑑賞を禁じられたのはマレーシアの観客だけに留まらず、主役アナシタシア・スティールを演じたダコタ・ジョンソンは同作に出演したことを誇りには思うが、家族や友達には観ることを禁止しているとあるインタビューで語っていた。「撮影の最中に母が一度遊びに来たの。彼女は私のことを誇りに思ってくれているわ」「ただ家族には若干不適切というか、観て欲しくないわね。小さいころからよく知っている兄弟の友達なんかにも観て欲しくないわ」

同映画の基となっているE・L・ジェイムズの同名小説が出版された際もアメリカの図書館が本の所蔵を拒否するなど否定的な反応もあったという。

一方で同作の主人公クリスチャン・グレイを演じたジェイミー・ドーナンは作品内の性的描写について「女性を縛ったり折檻したりするのは女性を軽視しているって人々が言うわけは理解できるんだ。でも現実は、多くの男性が女性の言いなりだよ」「この映画は嗜虐的性向を表現している部分よりもラブストーリーの部分が重要なんだ。愛の物語を語っているんだから。レッド・ルームで起きていることだけがこの作品のすべてじゃないんだよ。そんなことよりも作品の中ではさまざまことが起きてるんだ」と説明していた。

 

関連コラム

 

彼が浮気をしているかも…と思った時、まずするべきこととは?
3年越しの恋愛を見事叶えた…ある意外なテクニックとは?
ハードルの高い「ハイスペック男」と結ばれる秘訣とは?
最後の彼にしたい!恋愛を長続きさせる方法とは?
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選