クリスチャン・ベイルは映画観賞が好きではないそうだ。

 

人間のことを学ぶのが好き

 

クリスチャンは映画にジャンルとしての情熱は持っていないため自分は良い監督にはなれないだろうと考えているそうだが、俳優をしているのは人間というものに興味を掻き立てられるからなのだそうだ。「正直言って、監督になるほど俺は映画が好きじゃないんだ。人間のことを学ぶのが好きだから演技が好きなだけだよ」「俺は映画を見に行くくらいなら音楽や芸術、文学、コメディを優先するね。だから監督には向いてないだろ。監督になるには映画を心から愛していないと」「俺はむしろ人間を学ぶことを心から愛しているわけで、それって俳優としては別に良いことだと思うんだ」

その真面目な性格で知られるクリスチャンだが、最近日本でも公開が始まった『エクソダス:神と王』の撮影中に偽ひげを落とそうとすることで共演者のアーロン・ポールをどうにか笑わせようとしていたというエピソードもローデッド誌の最新号内で明かしている。「俺は顔が動かせなくなるからひげにノリを使わないように頼んだんだ。アーロンは口ひげにノリを使ってたからわざとあいつを笑わせて、口ひげが飛んでいくように仕向けたんだよ」

 

関連コラム

 

彼が浮気をしているかも…と思った時、まずするべきこととは?
3年越しの恋愛を見事叶えた…ある意外なテクニックとは?
ハードルの高い「ハイスペック男」と結ばれる秘訣とは?
最後の彼にしたい!恋愛を長続きさせる方法とは?
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選