セリーヌ・ディオン(46)が年内にラスベガス公演に復帰することはなさそうだ。

 

夫の回復のために

 

 2012年12月に咽頭がんの摘出手術を受けた夫レネ・アンジェリル(72)の看病のため、昨年8月からシーザーズ・パレス・ホテル・カジノでの公演を延期していたセリーヌは当初3月から復帰が予定されていたものの、今回早くても年末まで復帰することはないと会場側に伝えたとTMZは報じている。レネはゆっくりながらも順調に回復しているものと言われている。

 この常設公演キャンセルを発表した際、セリーヌは夫と3人の息子たちのそばにいてあげたいという心情を明かしていた。「私の強さとパワーの全てを夫の回復のために捧げたいと思います。そうするためには、夫と子供達にこの時間を捧げることが私にとって重要なのです。ご迷惑をおかけしたファンの皆様にお詫びをさせていただきたいと思います。そして、この非常に困難でストレスの多い時期に...皆様からの愛とサポートに感謝します」

 摘出手術後レネはセリーヌのマネージャーとしての役職を退き、長年の友人でビジネスパートナーであったアルド・ジャンパオロにその役目を引き渡していた。ジャンパオロ氏はセリーヌのマネージメントを務めるデーリング・プロダクションズのCEOも務めており、レネは同社の会長としての役職はいまだに維持している。Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ