マドンナが宣誓証言に召喚された。

 

マドンナに損害賠償請求も

 

 ビューティーとファッションを中心に展開するハード・キャンディ社から自身が手掛ける同名のフィットネス・ブランド「ハード・キャンディ」において名称を盗用したとして訴えられているマドンナだが、ビデオ録画をされる中、弁護人からの質問に答える必要がでてきた。しかしながら、ジョン・オサリバン裁判官はマドンナは今回の裁判に付属する質問に限り答えることと制限を設けた。RadarOnline.comが入手した裁判書類には「ハード・キャンディ社の弁護人は新たな宣誓証言で、許容される範囲内の開示手続きを要求し、被告人の弁護人はその範囲内を超える質問に対し異議を唱え、その応答に立会い、裁可が必要ならば、裁判所に略式判決を求めることを命じる」と記載されていたようだ。さらに、マドンナとライブ・ネイション・LLCは、フロリダで売却された商品に関連する使用許可契約を変更するよう求められた。

 フロリダを拠点とするハード・キャンディ社はマドンナの同名ブランドに対し、商標権と不正競争を申し立てていた。裁判では、米国特許商標局から以前却下されたにもかかわらず、マドンナが2011年にハード・キャンディという名の下にグッズを販売開始したとしている。マドンナに損害賠償と同名の使用を中止することを求めている。

 

関連コラム

 

「終わりにしたい…」そう思っていた女性の驚愕の不倫成功体験談
霊感霊視に優れた先生揃いの電話占いカミールがサービス開始
海外セレブに大人気「レバノン料理」の即効性ダイエットとは?
未来が見えない関係にも急展開!? 彼をその気にさせる方法とは

Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選