マット・デイモンが新作映画『ダウンサイジング』に出演することになった。

 

社会風刺を描いた映画

 

 マットは小さくなっていく男性という社会風刺を描いたこのアレクサンダー・ペイン監督作で主演を務める方向だという。ザ・ハリウッド・リポーターによれば、マットが脚本をアレクサンダーとジム・テイラーと共に執筆した『ダウンサイジング』に出演すると決めたことで、中国で撮影が開始されるチャン・イーモウ監督の大作『ザ・グレイト・ウォール』への出演話がなくなったものとみられている。

 ペインとテイラーが脚本を共同執筆したのは今回が初めてではなく、2004年には『サイドウェイ』でアカデミー脚色賞を受賞しているほか、ジャック・ニコルソン主演の『アバウト・シュミット』も手掛けている。

 マットは『ダウンサイジング』に取り掛かる前にリドリー・スコット監督作『ザ・マーシャン』の撮影をするものとみられており、「ボーン」シリーズ最新作でジェイソン・ボーンとして返り咲く話し合いをユニバーサル・スタジオと行っているところだとも言われている。9月からマットが交渉中と言われている「ボーン」シリーズ第5弾となるポール・グリーングラス監督作は2016年7月の公開が予定されている。Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ