バラク・オバマ米大統領は「唯一無二」の俳優であったロビン・ウィリアムズの訃報に弔辞を述べた。

 

家族、友人達、関係者達に向けて

 

 オバマ米大統領は、自身に加えミシェル大統領夫人、娘のマリア(16)とサーシャ(13)の連名で発表した声明文の中で、11日(月)にカルフォルニアの自宅で自殺と見られる死を遂げたロビンの今まで演じた様々な役を次のように振り返った。「ロビン・ウィリアムズはパイロット、医者、妖精、ベビーシッター、大統領、教授、ピーターパン、そしてそれらのキャラクターの中間のもの全てでした。しかし彼は唯一無二でもありました」「宇宙人として我々の生活に登場したロビンでしたが、最後には私達の心の全ての要素に触れていました」「私達を笑わせてくれました。そして私達を泣かせてくれました。果てしない才能を惜しみなく寛大に、海外に駐在している兵隊から同じストリートに暮らすような人たちまで、それを最も必要としていた人たちに与えてくれたんです」

 またオバマ米大統領はロビンの妻、スーザン・シュナイダーをはじめとする家族、友人達、そして関係者達に向けて「オバマ一家はロビンの家族、友人達、ロビン・ウィリアムズに感謝の思いや感情を持つ全ての人に弔意を表します」と哀悼の意を表している。

 現在ロビンには4作品の公開が控えている。大人気映画『ナイトミュージアム』の3作目となる『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』の中では再びテディ・ルーズベルトの役で登場しており、5月に製作が終了した同作は12月9日公開予定となっている。その1ヶ月前の11月7日にはウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、ローレン・グラハム、オリヴァー・プラットらと共演しジョー&アンソニー・ルッソ兄弟がメガホンを取る陽気な映画『メリー・フリジン・クリスマス』がリリースされることになっている。さらには、サイモン・ペグ、ケイト・ベッキンセールらも参加しているアクションコメディ映画『アブソルートリー・エニシング』ではデニスという犬の声優として出演しており、来年にも公開予定だ。4本目となる作品は今年初めトライベッカ映画祭でお披露目された『ブルーバード』であるが、この作品についてはまだ映画配給会社が決まっていないという。

 

関連コラム

 

女性を本当に幸せにする「愛されるより愛したい」恋愛とは?
30歳まで絶対結婚…崖っぷち女子が幸せを手にした方法
不倫相手の奥さんに嫉妬…ツラい恋から得た「本当の幸せ」
「運命の人」の見極め方…忘れていた気持ちが生んだ奇跡
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 持っているアプリで性格がわかる! スマートフォン診断
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介