1月10日からフジテレビの木曜10時枠で放送中のドラマ『最高の離婚』(フジテレビ)が話題となっています。

瑛太×尾野真千子、真木よう子×綾野剛が演じる2組のアラサー夫婦の姿を通して、恋愛・結婚・家族などを描き出すラブコメディ。

そのタイトルも印象的ですが、「セリフがいい」「なかなか奥深い」「エンディングが面白い」とストーリーの評判も上々です。

未見の方も、すでに昨晩の放送を見たというかたも、「あるある!」と共感できる『最高の離婚』の魅力に迫ります。

 

最強共感ドラマ「最高の離婚」が面白い!

 

東日本大震災がきっかけで震災婚をした光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)でしたが、ちょっとした口論から、勢いで離婚に発展してしまいます。

そんなとき、光生は偶然再会した元カノの灯里(真木よう子)に再びときめきを覚えますが、灯里はすでにイケメンな諒(綾瀬剛)と結婚していました。

この4人を軸に、ストーリーが進んでいきます。

「最高の離婚」は、「東京ラブストーリー」などを手がけた脚本家・坂元裕二氏の書き下ろしオリジナル作品で、現代の結婚観を最もシンボリックに体現していると思われる“アラサー世代”を取り上げ、テンポ良く描いています。

なんと言っても魅力的なのは、尾野真千子・真木よう子のWヒロインです。

大雑把な性格で歯に衣着せぬ物言いをする勝気な結夏と、一見家庭的で癒やし系だけど二面性があり、実は気丈な灯里は、どちらもすごく「強い女」です。

1人でさっさと離婚届を出しに行き、「私、あなたもういらないの。いらなくなった。超スッキリした」と言い放つ結夏。

元彼に「いい思い出なんて一つもありませんよ。あなたと別れるとき、思ってました。死ねばいいのにって」と至って冷静に言ってのける灯里。

いずれのセリフも、瑛太扮する光生に向けられたものです。

彼は主人公でありながら、神経質で細かくて独りよがりで空気が読めない、女子からの支持率低めな“ちょっとイヤな奴”なのです。

キツい言葉を繰り出すヒロインたちに自分をシンクロさせ、スカッとしている人も少なくないかもしれません。

また、今最も注目されている俳優・綾瀬剛見たさに同ドラマにロックオンする人も多いよう。

女子たちの期待を裏切らず、綾野剛は光生と対照的な危ういモテ男・諒をカッコよく演じています。

さらに、フェイスブックでの写真アップロード合戦が繰り広げられたり、JUDY AND MARYの曲についての思い出話が出てきたりと、絶妙なあるある感が女性のツボをくすぐるのです。

 

未見の方はチェックして!あるある感がツボな「最高の離婚」

 

何より、時には軽快に、時には辛辣に、そして、時には自虐的で切ないまでにナチュラルな言葉……。

そんなセリフの応酬は、昨年同期・同枠で放送され、アラフォー世代の心をつかんだドラマ『最後から二番目の恋』のヒット傾向に似ている気がします。

また、桑田佳祐が手がけたエンディングテーマ「Yin Yang」に乗せて踊る、妖艶で、どこかコミカルな4人のダンスも必見です。

このダンスを先に見て、ドラマにハマったという声もあるほどで、メインで踊っている人が週ごとに変わるのも特長となっています。

まだ未見の方でも、公式のダイジェスト版(1話のみ)をYou Tubeで観ることができますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

きっと、『最高の離婚』の魅力のトリコになるはずですよ。

 

関連コラム

 

男性が「イタい」と思っているアラサー女子の行動5選
結婚は100%ムリ!注文の多いアラフォー女子の仰天発言5選
バレンタインに告白するなら手作りチョコよりも「美肌」が重要
優木まおみの「アラサー婚活」を手助けした最終兵器が判明!
Written by 小宮山蘭子
Photo by 最高の離婚 - フジテレビ

関連キーワード
エンタメ】の最新記事
  • 【12星座別】12月のガチャ運!
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力