優しくて穏やかな男性は「いいひとだな」とは思うけど、実際に好きになるのは、ひとクセもふたクセもある変わった性格の男性。そういう声を周囲の女性からよく聞きます。しかもその“クセ”は、はたから見れば「なんでそんな変人が好きなの?」と思ってしまうような強烈なものばかり。
今回は「クセのある男にハマってしまう理由」を、映画『のぼうの城』に出てくるクセがありすぎる武将たちになぞらえて解説いたします。

 

豊臣軍に無謀な戦いを挑んだクセあり武将たち

 

「のぼうの城」の舞台は戦国時代。
天下統一をもくろむ2000万人の豊臣秀吉軍が、たった500人の武士しかいない忍城(おしじょう)に攻め入ってきます。城主代理・成田長親(なりたながちか)は降伏を選ばず「戦いまする」と宣言。この無謀な戦いは、長親の奇策と個性的な武将たちの活躍で予想外の展開に……というストーリー。歴史モノですが、分かりやすいストーリー展開なので気軽に楽しむことができます。

登場するのはみな、「こういう性格の男、近くにいたら困るだろうなあ」と思うようなクセの強い人物。なのに、だんだん「このクセがたまらない……!」とハマってしまうほど魅力的に描かれています。クセ好き女子も、クセが苦手な女子にもおすすめしたい、武将たちをご紹介します!

●その1:成田長親(なりたながちか)/野村萬斎

お調子もの、頼りない、子どもっぽい……など、クセのかたまり。
領主一族なのに、農民からは“でくのぼう”をもじった「のぼう様」と呼ばれ、ちょっとナメられている。兵力に圧倒的な差がある豊臣軍にケンカを売ってしまう無謀なところもある。
そんな「困ったひと」だが、ひょうきんに見えて実は計算された行動だったり、奇抜なアイディアで敵軍さえも惹きつけてしまう妙な魅力の持ち主。

○「こいつなら何かやってくれる」という非凡な才能がある男性に一度ハマったら、他の男はクズにも見えてしまいます。比べようがない唯一無二の魅力と言えるでしょう。

●その2:正木丹波守利英(まさきたんばのかみとしひで)/佐藤浩市

成田長親の世話役で、いつもお小言を言っている。まじめで融通が利かない、無愛想で不器用、武士のプライドからちょっとお高くとまっている。武将たちの熱い想いを「お前ら冷静になれ」と萎えさせることを言う。
しかし、冷静に見せているのは、全体のためなら自らは憎まれ役も買うという責任感があるから。実は人一倍熱い気持ちを持っており、いざ本気になるとものすごく強い。

○プライドだけでなく能力も高いところがカッコいい! 「乱暴で、気がきかなくて、優しくないけど、この人についてきてよかった」と思える男です。なにより佐藤浩市が渋い!

●その3:酒巻靱負(さかまきゆきえ)/成宮寛貴

実践経験がないくせに、あらゆる兵法書を読み漁って「オレは戦いの天才だから」と調子いいことを言っちゃう。
でも、見栄を張るばかりではなく、「なんとしてでも手柄を立ててやる」というがむしゃらな行動力がある。口で強がっていながらも、経験が浅いことをコンプレックスに思っている憎めないやつ。

○イキがっているガキんちょなのですが、純粋な好奇心や向上心を持っている年下の男って、なんだか放っておけません。

●その4:柴崎和泉守(しばさきいずみのかみ)/山口智充

力馬鹿で喧嘩っ早い。がさつで横暴、若輩者の酒巻靱負を容赦なくバカにする。
しかし、戦いでは最前線に立つ男らしさがある。圧倒的な強さで武将たちの要的な存在。

○男としての自分の役割を分かっており、それを極めることにストイック。不器用なところに困らされたりもしますが、強くて自信に溢れている男ってやっぱりカッコいいです。

●その5:石田三成(いしだみつなり)/上地雄輔

忍城に攻め込んでくる豊臣軍の武将。秀吉に甘やかされているが、なかなか武運に恵まれず、周囲は影で小馬鹿にしている。
しかし、実は頭がよく、戦いの美学を持っている。敵でも尊敬するところがあれば素直に認めることができ、人として器の大きさを感じさせる人物。

○視野を狭くせず大局で見ることができる男は、余裕があって魅力的です。こういう男は、今はぺーぺーでも、チャンスを確実に掴んで将来成功してくれそう。

●その6:大谷吉継(おおたによしつぐ)/山田孝之

豊臣軍の武将で、三成の盟友。戦局に関わる重要な情報を持っていても、自分で処理してしれっと黙っていたりする冷酷なところも。上司にいい顔をするのも得意。
しかしいざというときには、作戦の大儀より友情を取っちゃう人間味あふれるところも。

○冷静に先のことまで考えられる参謀男子。敵に回すと恐ろしいのですが、味方なら頼りになること間違いなし。山田孝之の美しいお尻がおがめる入浴シーンは必見。

 

みなさんはどの「クセあり男子」がお好みですか?

 

いかがですか。女性が思わず「クセあり男子」にハマってしまう理由をご理解いただけたでしょうか。
他にも西村雅彦、中尾明慶、市村正親などいい感じの俳優が脇を固める「のぼうの城」。男たちの魅力満載なので、ぜひ女子同士で観にいくことをおすすめします。

『のぼうの城』
11月2日(金)から全国で公開
http://nobou-movie.jp/

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
みんなの知らない!有名人の強烈エピソード7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by yummy!編集部
Photo by 映画『のぼうの城』

エンタメ】の最新記事
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選
  • 今のウルトラマンは「中身」が違う?ウルトラマンが女性に注目される理由
  • 道重さゆみに学ぶ!常に可愛さのピークを更新する方法