マイケル・ジャクソンの子供たちが9億ポンド(約1450億円)の遺産のほとんどを失う可能性があるようだ。

 

巨額の税金

 

プリンス(19)、パリス(17)、ブランケット(14)の3人の子供たちは30歳になった時にそれぞれ巨額の遺産を相続する予定になっているが、税務当局はマイケルの遺産から5億5500万ポンド(約895億円)の支払いを求めていると言われており、2009年6月に急性プロポフォール中毒で死亡した際マイケルは3億ポンド(約484億円)以上の負債を抱えていたとみられている。

ある関係者はザ・サン紙に「書面上ではマイケルの子供たちは億万長者です。しかしまずは巨額の税金を片づけなければならないので、受け取る時期が来ても手元にはほとんど入って来ないであろうというのが現状です」「国税庁は5億5500ポンドの要求について公にしてきていますし、支払いが遅れた場合にはさらに罰金が科せられます」と話す。

また先日マイケルの遺産管理団体がソニー/ATVミュージック・パブリッシングにマイケルが保有していた同社の株式を5億2600万ドル(約840億円)で売却したことを受け、さらにおよそ7000万ポンド(約112億円)が課税されている。前述の関係者は「遺産管理団体側はかなりの額の要求を試みましたが、ソニー側は買い取るのに必要な額を支払うつもりしかありませんでした」と続けた。

先日には、マイケルが1999年にオークションで購入した『風と共に去りぬ』のオスカー像の行方が分からなくなっていることが報じられていた。同作で1940年にアカデミー賞で作品賞を獲得した際の30万ドル(約3350万円)ほどの価値があると言われるそのトロフィーをマイケルは154万ドル(約1億7200万円)も投じて購入していたが、遺産管理団体はそれがどこにあるか分からないと発表しており、ハワード・ワイツマン弁護士は「遺産管理団体は『風と共に去りぬ』のトロフィーの行方を知りません」「あのオスカー像はマイケルの子供たちの所有物ですので、我々の手元に保管しておきたいのです。いつかどこから現れてくれると願っています」とコメントしている。

名プロデューサー、デヴィッド・O・セルズニックが受け取ったそのオスカー像をマイケルが子供たちと暮らしていたカリフォルニア州にあるネバーランドの自宅で保管していたのか、どこかの保管施設に預けていたのかも分かっていないという。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ