デッドマウスがアップル・ミュージックのビーツ1ラジオで自身の番組を持つことになるようだ。

 

ツイートで発表

 

カナダ出身のプロデューサー兼DJであるデッドマウスことジョエル・トーマス・ジマーマンが、24時間放送する同オンラインラジオで『マウストラップ・プレゼンツ』という番組を開始する。このニュースはビーツ1のツイッターで「さぁ、デッドマウスがビーツ1にやってくるぞ」というツイートで発表されている。

この番組はエレクトロ系ミュージックが中心となると予想されているものの、一度限りの特別なのか今後も続く新番組となるのかについては分かっていない。

以前にはジェイ・Zのストリーミングサービス、タイダルをサポートする姿勢を見せていたものの、2012年と2014年にミュージック・フェスティバルにも参加していたアップル社とまたタッグを組むことになったかたちだ。

同局ですでにパーソナリティを務めているゼイン・ロウはアップル・ミュージックのラジオは自身の番組でかける曲を完全に自分で選べることからアーティスト達に魅力があるのだろうと分析している。「僕たちはアーティストに何をかけろとか言わないし、クリエイティブ面においてやりたいことに制限をつけたりすることがないんだ。だから『好きな曲をかけて、好きなことをしろ。面倒なことは僕達がやるけど、君の観点でやってくれ。楽しんでね』っていうスタンスなんだ。だからすごく質が高いし、ハズレもないし、退屈にもならないんだ」

これまでにビーツ1ではドクター・ドレー、ファレル・ウィリアムス、メジャー・レイザー、ハイムら大物アーティストがパーソナリティを務めている。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiz

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選