マイケル・ペーニャが新作『ザ・ワーカー』で主役を務めることになった。

 

メキシコの連邦捜査官

 

ポール・ラッド主演の『アントマン』やマット・デイモン主演の『オデッセイ』での演技も記憶に新しいマイケルが、「ボーン」や「96時間」シリーズと類似すると言われる話題のアクションスリラー作で主役を演じる方向だという。

マイケルが演じるのは巨大麻薬カルテルの潜入捜査を進めるメキシコの連邦捜査官で、素性がばれたことで家族と共に母国を離れ、ロサンゼルス内で証人保護下に置かれることになるという役どころだという。作業員として仕事に就き、妻と息子が安全であると胸をなでおろしていたところ、居場所を突き止めたカルテルから妻と息子を誘拐され、家族を助けるためにカルテルへの協力を強いられることになるというストーリー展開となっている。

『ザ・ワーカー』の監督には『ボーン・スプレマシー』や『ボーン・アルティメイタム』でスタントコーディネーターや第2班監督を務めたダン・ブラッドリーが就任する方向となっており、ジェレミー・レナーとドン・ハンドフィールドが自身らの運営するザ・コンバイン社を通じてプロデューサーを務める予定だ。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • 男性が思う昔のエロメディアの“エロおくゆかしさ”
  • 海外のめっちゃ笑えるエロ動画3選
  • VRAV(VRを使ったアダルトビデオ)ってどんな風に見えるの?
  • おっさんずラブに学ぶ、恋愛を成就させるために大切な3つのポイント
  • 女性が観ても意外と面白い!特に推せる歴代ウルトラマン3選!
  • NYC在住のライターが教える!ニューヨークのイケてるクラブ
  • 「顔の天才」ってなに? 顔の天才だと思う芸能人紹介
  • 漫画でしかありえないけど、好き♡な男性キャラ7選