ロン・ハワード監督が故ロビン・ウィリアムズはコメディの天才であったと語っている。

 

ロビンの即興の才能に感銘を受けた

 

2014年8月に自らの命を絶ったロビンとハワード監督は、大人気シットコム『モーク&ミンディ』の中でロビンが演じたキャラクターで登場した別のドラマ『ハッピー・デイズ』の2つのエピソードで共に仕事をしていた。

ハワード監督は当時俳優として『ハッピー・デイズ』に出演しており、ロビンと一緒に仕事した時の事を思い返しながら「ロビンはその番組をすぐに自分のものにしてしまったよ、信じられないくらい遊び心満載な方法でね」「ロビンが面白すぎる即興を行った5分後、ヘンリー・ウィンクラーは僕の方を見ていたよ。(ヘンリーが演じたキャラクターの愛称)フォンジーのおでこにキスをしたりとかね、今までのエピソードではなかったようなことだったよ。アニメ的要素がドラマに吹き込まれたんだ」と語る。

ヘンリーとハワード監督はロビンの即興の才能に感銘を受けたと続け「ヘンリーは僕の方を見ていたね、僕らはただ未だかつてこんなに才能が溢れ出るを見たことがなかったんだ」「ロビンの考え、心、才能は本当に惜しいよ。でもあの日の思い出は全て僕の中に残っていて、僕はいつも彼の才能の目撃者であることを嬉しく思うだろうね」とレディットAMAに話した。

しかし全てが順調にいったというわけではなかったようで、その週のリハーサル2日目になって現場に現れたというロビンを思い出しながらハワード監督は「ロビン・ウィリアムズは週の終わりころにやってきたんだよ。僕らは1週間リハーサルをやって金曜日には観客の前でショーを行うという感じだったんだ。生放送ではなくて収録だけどね」「僕らは月曜からリハーサルをはじめて、金曜日に収録を行っていたんだ。水曜日になっても『モーク&ミンディ』のモーク(ロビン)はリハーサルに現れなくてね」「みんなかなり神経質になっていたよ。その週のショーは行わない方がいいんじゃないかなんて言っていたくらいだからね。そんなことになったらかなりのお金がかかっただろうけどね」と話していた。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • Netflixで配信中!『REA(L)OVE』から見る過去と上手に付き合って恋愛する方法
  • 週末は渋谷で女子会!JOYSOUND×Netflixのコラボルームがオープン
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」最終回ドラマレビュー
  • 胸くそ悪いけど、なぜか癖になる…後味悪い結末が待つ映画3選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー
  • もうすぐW杯! 日本戦でおさえておきたい注目イケメン9選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第八回ドラマレビュー 
  • なつかしい…!今はなき化石CM、あなたはいくつ覚えてる?