『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』でお馴染みのケイトリン・ジェンナー(66)は法的に名前を変更した際に涙したのだという。

 

ブルースという名前を捨てた

 

今年に女性化を遂げたケイトリンが、それまで元オリンピック選手で男性として生きてきたブルースという名前を捨てたときのことを振り返り、涙を流したことをアウト誌のインタビューの中で明かした。「昨日はすごかった。私の名前と性別の変更がなされたんだもの。かなりすごいわ」「こんな日がくるなんて、本当にわからなかったわ。少し、悲しいわね。ブルースはとてもいい男で、良いことをたくさんしたもの。大家族と素晴らしい子供たちを養ったわ。でも、もうそんなゲームをプレイすることはただできなくなったのよ」

今となっては影響を与える人物として世間から歓迎されているケイトリンだが、過去の自分を切り離すのは容易ではなかったと続けた。「実は、このことで少し泣いちゃったの」「ゴルフコースにいて、1人でプレイしてたの。とても興奮したわ。でもいろいろ考えたわね」

とはいえ、長い間本当の自分を隠そうとしてきたことから、今はありのままの自分でいられることが居心地がよいと感じているようだ。「やっと人生の中で居場所ができたって感覚をもてたの」

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • 【12星座別】12月のガチャ運!
  • なぜいつまでもあんなに若い? 芸能人の“キレイ”の秘密
  • ジャニーズをホロスコープ診断 情熱家の素顔、関ジャニ∞錦戸亮
  • 嵐・櫻井翔の胸毛騒動から考察……ジャニーズのムダ毛は不要なのか
  • 半沢そしてリーガルハイ……今さらだけど知りたい 堺雅人の魅力
  • やっぱり狙うは玉の輿! 映画から学ぶ“お金持ちと結婚する方法”
  • 独女の道しるべ!? オアシズ大久保佳代子に学ぶアラフォー女子ライフ
  • 非モテのアラサー女子が学ぶべき「ももクロ」5つの魅力