ジェームズ・フランコのバンドがレコード契約を交わした。

 

アルバムと映画を2016年にリリース

 

多楽器奏者のティム・オキーフらとジェームズが結成したバンド、ダディがコバルト社と契約を交わし、ザ・スミス風のアルバムと映画を2016年にリリースすることになった。ジェームズとティムはこのニュースについて「僕たちはダディの新作アルバムと映画に向けてコバルトと提携したことにとても感激しています」「コバルトは僕達のようなユニークなプロジェクトに対して前向きなアプローチを取るコバルトは、僕達が音楽という域に留まらず、映画や芸術分野、そしてそれを超えた独立した活動をするのに最適な存在です」とコメントしている。

ザ・スミスの1984年作『プリーズ、プリーズ、プリーズ、レット・ミー・ゲット・ホワット・アイ・ウォント』にかけて『レット・ミー・ゲット・ホワット・アイ・ウォント』というタイトルになるというダディのニューアルバムでは、ザ・スミスのベーシストであるアンディ・ルークが全曲に参加している。

ジェームズはこれまでザ・スミスの影響を受けた詩の数々を執筆してきており、それがダディの音源の基盤となるようだ。そして映画は、各曲のミュージックビデオをまとめて1本の芸術作品とするかたちになるという。

ジェームズは以前にもザ・スミスのフロントマンであるモリッシーが自身の創造性の源であると称賛してこう語っていた。「ザ・スミスの曲は詩や音調、状況においてアイデアを与えてくれるんだ」「もともとは(音楽という)1つの媒体をもう1つの(詩という)媒体に影響を与えるためにこのシークエンスを書いたんだ・・・でもそのシークエンスが出来て見たら、ティムと一緒にさらに進めて、曲からアイデアを得た詩がオリジナルの曲になったんだよ」

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ