シャイア・ラブーフは拘置所で過ごすことが自分にとっていい刺激になると考えているようだ。

 

今まで5回拘置所で過ごした経験

 

昨年10月にも公共の場で泥酔状態であったことから逮捕されたシャイアは人生の中で今まで5回拘置所で過ごした経験を持っており、そこでの経験は自身の失敗と向き合うための創造力への手助けをしてくれていると自伝『プリズン・ラーメン』の中で語る。「俺は神経質になったとき、今までの人生や作品の中での自分の失敗を考えるんだ。数々の失敗について考えることは恐怖を弱めてくれるんだよ。失敗を経て回復することはとても解放的なものなんだ」

そんなシャイアは11歳になるまでにすでに2回も拘置所で過ごしたことがあったようで、同書籍の一つの章『エラー・ブリーズ・シーン』の中で当時を思い返しながら「俺は5回投獄されたことがあるんだ。1回目はまだ9歳のときだった。カリフォルニア州のパコイマでの出来事だったよ」「地元の店からナイキのコーテズを盗んだことで逮捕され、6時間拘束されたんだ」「2回目は11歳の時、カリフォルニア州のタジャンガだった。Kマートからゲームボーイのポケモンのソフトを盗んだんだ。そのときも同じく6時間拘束されたかな」と綴る。

しかしシャイアは20歳の時に隣人を刺そうとして逮捕されるまではこれらの経験を学びとしていなかったと続け「3回目はカリフォルニア州のヴァンナイズ。俺は隣人を刺そうとして拘置所で2日間過ごしたんだ。少なくともそのとき、拘置所にいるっているのは良くないなって理解したよ。最悪だったね」と続ける。

3度の投獄を経験してもなお、素行の悪い状態が続いたシャイアは「シカゴで4回目の投獄にあったね。ウォルグリーン(米薬局チェーン)を立ち去らなかったから警察に連れて行かれて拘置所で一晩過ごすことになったんだ。何でか分からないんだけど、そのとき今までに一番の睡眠をとることが出来たんだよ」と4度目の投獄経験を語る。

そして昨年、ブロードウェイのミュージカル『キャバレー』の公演を邪魔したとして逮捕されたシャイアはその悪行を認めており、「2014年、俺が28歳の時にニューヨークで拘置所に放り込まれたのが一番最近かな。『キャバレー』を見に行ったときだね。公演の間、俺の態度が良くなかったもんだから最終的には25時間かそこらを拘置所で過ごすことになったよ」と5度目の投獄について語るも、そこでの一番の思い出はそこで食べた最高のタマゴサンドイッチだったといい、自伝『プリズン・ラーメン』の中にはタマゴ・ラーメン・サンドイッチなるシャイアのレシピも掲載されているようだ。

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written&Photo by bangshowbiaz

エンタメ】の最新記事
  • ネガティブなイケメンモデル栗原類が根暗なのに好感度が高い理由
  • 60億円稼いだトム・クルーズに学ぶ、慰謝料を安く抑える方法
  • 怖いけど興味深い……幽体離脱は科学的に体験できることが発覚!
  • Netflixで配信中!『REA(L)OVE』から見る過去と上手に付き合って恋愛する方法
  • 週末は渋谷で女子会!JOYSOUND×Netflixのコラボルームがオープン
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」最終回ドラマレビュー
  • 胸くそ悪いけど、なぜか癖になる…後味悪い結末が待つ映画3選!
  • キスマイ出演!「○○な人の末路」第九回ドラマレビュー